お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2017/11/06

最新のCMOSセンサーの蛍光観察用途への活用

最新のCMOSセンサーの蛍光観察用途への活用

カメラ選びの際やカメラが特定の用途に適しているかを判断する際には、センサーが重要になります。ソニー社がCCDセンサーの生産を終了したことに伴い、システムメーカーはCCDカメラに取って代わる最適なカメラの選定に苦心しており、蛍光観察がよく利用されている多くの医療、科学用途にも影響が及んでいます。

当社のホワイトペーパーでは、BaslerのプロダクトマネージャーDr. Felix Ascheが、関連する技術や最新のCMOSセンサーの可能性について実例を挙げながら解説しており、高性能な最新のCMOSセンサーがあれば、冷却機能のないカメラでも多くの蛍光観察用途に対応できると結論づけています。

文書をダウンロード

CCDセンサーとCMOSセンサーに関するトピックの詳細については、当社のホワイトペーパー「CCDカメラに取って代わる最新CMOSカメラ」や「最新のCMOSカメラを比較する方法」をご覧ください。このほか、Vision Campusの中では、医療現場で使用されているカメラに関する内容をまとめてご紹介しています。

ご不明点がございましたら、当社の営業チームまでお気軽にお問い合わせください。