お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2016/09/06

医療現場で活用されるビジョン技術:現代医療を支えるカメラ

医療現場で活用されるビジョン技術:現代医療を支えるカメラ

日々の生活の中でますます使用が拡大しているカメラ。ATMやビルの監視カメラなど、私達の周りで気づかないうちに実は多くのカメラが使用されています。これらの小さなエンベデッドカメラは、特に医療・ライフサイエンス業界の様々な用途において重要な役割を果たしています。当社のVision Campusの最新記事では、カメラが活用されている現場やその用途についてご紹介しています。

舞台は、診断や治療でビジョン技術を多用している仮想のBaslerメディカルセンター。細隙灯顕微鏡を使用した眼底検査などを行う眼科専門の階を含め、各階にはそれぞれ異なる診療科が入っています。

他にも、研究者らが最新のカメラなどを使用して未来の医療を支える研究をしている階があります。もちろん、院内には映画館もあります。このように、ここではカメラを活用することにより、患者に合った治療を行っているのです。当社のVision Campusの記事「医療現場で活用されるビジョン技術 」では、カメラが医療現場で果たす役割についてご紹介しています。

このほか、Vision Campusでは、マシンビジョンや一般的なビジョン技術に関して詳しく解説した記事やビデオをご提供しています。 紹介ビデオ「デジタルカメラの仕組み 」「最適なレンズを選ぶには 」をまだご覧になっていない方は、この機会に是非ご覧ください。

医療や研究におけるビジョン技術の活用の可能性については、「医療・ライフサイエンス 」のページでご覧いただけます。