お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2017/08/09

ラボラトリーオートメーションで活用されるビジョン技術

ラボラトリーオートメーションで活用されるビジョン技術

ラボラトリーオートメーションは、多くの分野に応用されている技術であるにもかかわらず、患者が直接目にする機会はほとんどありません。しかし実際には、医師や科学者によるサンプルの正確かつ詳細な分析を裏で支えています。自動顕微鏡、生化学分析や分子生物学分析における文書化、プロセスや質が重視される作業など、用途にかかわらず、画像によって医療や生化学分野の研究・診断に役立つ多くの貴重なデータを得ることができます。

当社のVision Campusの記事「カメラを利用したラボラトリーオートメーション」では、研究所におけるカメラの役割についてご紹介しています。

Vision Campusの記事を今すぐ読む

デジタルカメラは、研究所 だけでなく、他の医療や生物科学にかかわる多くの分野でも使用されています。Vision Campusでは、仮想のBaslerメディカルセンターを舞台に、医療現場で活用されるビジョン技術の詳細についてご紹介しています。こちらも ぜひご覧ください。