お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2017/12/07

iVeia社がBasler dart BCON搭載モデルを使用したスマートカメラを開発

iVeia社がBasler dart BCON搭載モデルを使用したスマートカメラを開発

Baslerパートナーネットワークの参加企業であるシステムインテグレーターのiVeia社がスマートカメラHyprCamをリリースしました。HyprCamがあれば、わずか5ワットという少ない消費電力と小型監視カメラほどのコンパクトなサイズで、コストパフォーマンスの高いスケーラブルなセンサー近接画像処理 が可能になります。

HyprCamにはBasler dart BCON搭載モデルが使用されており、ユーザーによる自由なプログラムが可能です。プロセッシングボードは、ザイリンクス社製SoC Zynq UltraScale+ MPSoCとクアッドコアの64ビットARM CPUで構成されています。新登場のこの高性能カメラにおいて、iVeia社は同社が持つプロセッサー関連のノウハウとBaslerのカメラ技術に関する知識を見事に融合させています。

また、iVeia社では、用途に応じたカスタマイズを可能にする開発キットの作成にも取り組んでおり、特定のコネクターを使ってBasler dart BCON搭載モデルを簡単に接続できるようにする予定です。このキットには、Captiva(基板)、Atlas-I-Z8(ZU3EG搭載SoM)、dart BCONアダプターカード、Basler dart BCON搭載モデルがセットになっているほか、基板とアダプターの回路図、クイックスタートガイドなどのマニュアル類も付属しています。

詳細については、エンベデッドビジョン用製品のラインナップをご覧いただくか、お近くのBasler営業チームまでお気軽にお問い合わせください。