お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2016/08/18

Basler aceを利用した革新的な高速リアルタイム自動ナンバープレート認識システム

Basler aceを利用した革新的な高速リアルタイム自動ナンバープレート認識システム

シンガポールの既存の交通監視システムが持つ欠点を克服するため、Baslerの顧客であるOptasia Systems社は、ソニー社製CMOSセンサーIMX249を搭載したBasler aceを利用し、高速リアルタイム自動ナンバープレート認識システムを開発しました。Optasia IMPSTM Video Analytics LPRと呼ばれるこのシステムのソフトウェアは、Baslerのpylon SDKを使用してプログラムされています。このシステムでは、広いダイナミックレンジを持つIMX249センサーとオートブラケットと呼ばれる機能を使用することにより、異なる照明条件において効果的に撮影を行うことができます。ナンバープレート認識のための画像の撮影、切り取り、処理の方法については、当社の成功事例でご説明しています。

このプロジェクトで自身のチームを全面的にサポートし、Basler aceを選択する決定を行ったRichard Goh CEOは、次のようにコメントしています。「システムの構築段階においてBaslerサポートチームからいただいた素晴らしい技術サポートとカメラの性能に非常に満足しています」

詳細については、当社の最新の成功事例「Basler aceを利用した革新的な高速リアルタイム自動ナンバープレート認識システム」をご覧ください。当社ホームページのダウンロードページでは、このほかにも多数の成功事例やホワイトペーパー、マーケティングノートをご用意しています。