お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2017/03/07

BaslerのカメラモジュールdartのBCON搭載モデルと開発キットが新登場

BaslerのカメラモジュールdartのBCON搭載モデルと開発キットが新登場

Baslerでは、LVDS対応インターフェースBCONを搭載したdart 18モデルと対応する開発キットの量産を開始しました。Basler dartシリーズは、コストを大幅に抑えたデザインと最高5メガピクセルの解像度、そして様々なマウント(Sマウント、CSマウント、ベアボード)を選べるという極めて高い柔軟性を特長としています。

Baslerがエンベデッドビジョンシステム向けに開発したLVDS対応インターフェースBCON

当社がエンベデッドビジョンシステム向けに特別に開発したLVDS対応インターフェースBCONがあれば、LVDS対応のビジョンシステムにカメラモジュールを簡単に接続できます。LVDS(Low Voltage Differential Signaling)とは、高速データ転送を行うインターフェース規格のことですが、画像転送の方法については詳細に定義されていません。そこで、この問題を解決したLVDS対応インターフェースBCONを使用することにより、カメラモジュールとFPGA(Field Programmable Gate Array)に対応した最先端のエンベデッドプロセッシングプラットフォームとの間で信頼性の高い画像データ通信を行えるようになります。

ムダのない構造

BaslerのボードレベルカメラモジュールdartとLVDS対応インターフェースBCONを併せて使用すれば、ムダのない画像処理システムの構築・運用が可能になり、エンベデッドビジョンシステムの開発コストの削減にもつながります。しかも、カメラモジュールのラインナップも豊富にご用意。現在のところ、LVDS対応インターフェースBCONを搭載したdartは18モデルの中からお選びいただけ、追加の組み込みコストもかかりません。

エンベデッドビジョンシステム用PowerPackでシステムを簡単構築

エンベデッドビジョンシステムへの移行や新規構築をお考えの場合、このPowerPackがあれば、BaslerのボードレベルカメラモジュールdartのLVDS対応インターフェースBCON搭載モデルを簡単に組み込むことができます。5メガピクセルの解像度を誇るBaslerのLVDS対応インターフェースBCON搭載カメラモジュールdartのほか、レンズやケーブルなどのアクセサリー、そしてザイリンクス社製SoC(System-on-Chip)Zynq®-7010を搭載したプロセッシングボードがセットになったこの開発キットには、ハードウェアとソフトウェアに関するリファレンス実装も付属しています。リファレンス実装の中では、SoCであるZynq®を使用してFPGAによる撮影を行う方法やBCON搭載カメラモジュールdartをBasler pylon Camera Software Suiteに接続する方法について分かりやすくご説明しています。そのため、これらをエンベデッドビジョンシステムの開発全体におけるひな形として使用することで、システム構築にかかる初期コストを大幅に削減できます。

PowerPackのセット内容:

  • 5メガピクセルの解像度を誇るBaslerのカメラモジュールdartのLVDS対応インターフェースBCON搭載モデル
  • レンズ
  • ザイリンクス社製SoC(System-on-Chip)Zynq®-7010を搭載したプロセッシングボード
  • ケーブルなどのアクセサリー
  • ハードウェアとソフトウェアに関するリファレンス実装