お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2016/08/03

新着マーケティングノート:Baslerのエンベデッドビジョンシステム向けカメラインターフェースの比較「USB 3.0 vs LVDS対応インターフェースBCON」

新着マーケティングノート:Baslerのエンベデッドビジョンシステム向けカメラインターフェースの比較「USB 3.0 vs LVDS対応インターフェースBCON」

エンベデッドコンピューティングシステムを利用した用途の開拓がますます進んでいます。エンベデッドとは、これらの用途においてビジョンシステムの個々の構成機器を一つに組み合わせることを意味しており、そうして構築されたものをエンベデッドビジョンシステムと呼んでいます。

エンベデッドビジョンシステムでは、カメラ(多くの場合、ハウジングのないボードレベルカメラ)をCPUボードに直接接続し、従来のマシンビジョンシステムおいて通常はコンピューターが行っていた作業をCPUで処理します。

Baslerは、このようなエンベデッドシステム向け産業用デジタルカメラを取り扱う大手メーカーです。現在、これらのエンベデッドビジョンシステム向けカメラに搭載されている人気のインターフェースとして、USB 3.0BaslerのLVDS対応インターフェースBCONがあります。このマーケティングノートでは、これら2つのインターフェースを比較するとともに、それぞれの特性やメリットをご紹介していきます。

エンベデッドビジョンシステムや適切なカメラ、インターフェースに関する情報をお探しなら、お近くのBasler営業チームまでお気軽にお問い合わせください。