お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2017/03/13

新着ホワイトペーパー:エンベデッドビジョンシステム用カメラモジュール:自社開発 vs 既製品の購入

新着ホワイトペーパー:エンベデッドビジョンシステム用カメラモジュール:自社開発 vs 既製品の購入

ビジョン関連製品も含め、世界中で製品を小型化する動きが加速する中、ますます多くの用途でエンベデッドビジョンシステムが使用されるようになっています。

このようなシステムを開発する際に疑問となるのが、画像の撮影にどのようなハードウェアを使用すれば良いかということです。これには、市販されているカメラモジュール(エンベデッドビジョンシステムの世界では、一般的にシングルボードカメラやボードレベルカメラと呼ばれています)を購入する方法のほか、大量生産を行う場合にイメージセンサーを自社でプリント基板に取り付ける方法も考えられます。では、一体どちらの方法が良いのでしょうか?当社のホワイトペーパー「エンベデッドビジョンシステム用カメラモジュール:自社開発 vs 既製品の購入 イメージセンサーを自社で取り付ける場合のメリットとデメリット」では、最適な方法でエンベデッドビジョンシステムを構築するために、両者のメリットとデメリットをご紹介しています。