お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2018/03/20

CCDカメラに取って代わるBasler医療・ライフサイエンス用途向けカメラ

CCDカメラに取って代わるBasler医療・ライフサイエンス用途向けカメラ

Basler史上初となる医療・ライフサイエンス用途専用のカメラシリーズとして新たに登場したMED aceシリーズには、高性能なCMOSセンサーであるソニー社製Pregiusセンサーやオン・セミコンダクター社製PYTHONセンサーが搭載されており、最高解像度20MP、最大フレームレート164fpsに対応しているほか、多くの医療・ライフサイエンス用途の厳しいイメージング要件を満たす機能が揃ったMED機能セットも付属しています。

Baslerが業界をリードするハードウェア、ファームウェア、ソフトウェアを組み合わせて独自に開発したBasler MED機能セットは、「規格準拠」、「高画質イメージング」、「パーフェクトカラー」、「低照度イメージング」、「ハイスピード」、「産業用イメージング」の6種類から選ぶことができ、いずれも医療・ライフサイエンス業界の厳しいイメージング要件を満たしています。

Baslerでは、デジタルカメラの開発、製造、販売から関連サービスの提供、市場投入に至るまでの工程において、明確な規定を持つ有効な品質マネジメントシステムのDIN EN ISO 13485:2016に準拠した品質管理体制の下で新たな品質基準を導入しており、国際的な医療機器メーカーに対してさまざまなメリットを提供しています。

新登場のBasler MED aceと独自のMED機能セットの詳細については、当社の製品ページにてご覧いただけます。また、4月10日~13日にドイツ・ミュンヘンにて開催される展示会「analytica 2018」のBaslerのブース(A3/402A)においても展示を行う予定です。ぜひお越しください。