お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2018/01/15

ロボットによる木製部材の柔軟なピックアンドプレースをサポートするBasler ToFカメラ

ロボットによる木製部材の柔軟なピックアンドプレースをサポートするBasler ToFカメラ

Baslerの顧客であるフィンランドの国有非営利団体VTT Technical Research Centre of Finland Ltdは、技術研究分野のリーディングカンパニーとして、新技術を開拓するための研究開発サービスを提供しています。VTT社は、欧州R5-COPプロジェクトの一環として、ロボットの作業現場にある木製部材の検出と位置特定を行う再構成可能なロボットセンサーシステムを開発しました。3D点群データを利用して検出と認識を行うこのシステムには、Basler Time-of-Flightカメラが搭載されており、ROS(ロボットオペレーティングシステム)による柔軟性の高い構造を実現しています。

当社の成功事例「Basler Time-of-Flight(ToF)カメラ:柔軟性の高い産業用ロボットによる部材のピックアンドプレース 」では、VTT社のロボットセンサーシステムがBasler ToFカメラの3D技術を活用し、木製部材の位置特定と生産ラインへの供給を行う仕組みについて解説しています。

成功事例を今すぐダウンロードする

当社ホームページの文書のダウンロードページでは、このほかにもBaslerカメラに関する多数の成功事例をご用意しています。ご不明点がある場合や詳細な情報をご希望の場合は、当社の営業チームまでお気軽にお問い合わせください。