お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2017/07/18

新着成功事例:Basler aceを利用した車両のタイヤ溝の3D測定

新着成功事例:Basler aceを利用した車両のタイヤ溝の3D測定

GL Messtechnik社が修理工場、自動車ディーラー、運送業者向けに開発したこのシステムは、タイヤ溝の深さの3D測定が可能なほか、持ち運べるようになっており、あらゆる大きさの車両の下に設置できます。

開発段階では、持ち運びを可能にするために、システム本体を限られた高さに収めなければならないことが大きな課題となりました。通常、GL Messtechnik社では、測定システムの中にコンパクトレーザーセンサーを搭載していますが、今回の用途では大きすぎるため、他の方法を考える必要がありました。

高さに関する課題を解決するため、GL Messtechnik社はカメラとレーザーセンサーを別々に分けることにしました。カメラとレーザーセンサーは単体ではコンパクトレーザーセンサーよりもサイズが小さいため、高さを抑えることができます。

今回の用途がどのようにして実現したのか、その詳細について当社の成功事例「Basler aceを利用した車両のタイヤ溝の3D測定 」をぜひご覧ください。

当社ホームページの文書のダウンロードページでは、このほかにもBaslerカメラに関する多数の成功事例をご用意しています。ご不明点がある場合や詳細な情報をご希望の場合は、当社の営業チーム までお気軽にお問い合わせください。

成功事例を今すぐダウンロードする