お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報

最新のカメラトレンド - 医療・ライフサイエンス

CCDセンサーからCMOSセンサーへの移行、エンベデッドビジョンやCoaXPress 2.0の導入、ディープラーニングによる画像処理の自動化など、技術革新の波が押し寄せているビジョン業界。その影響は医療・ライフサイエンス分野にも及んでいます。Baslerでは、これらの動向を注視しながら、お客様の主力事業のサポートに全力で取り組んでいます。

CCDセンサーからCMOSセンサーへの移行

CCDセンサーからCMOSセンサーへの移行

ソニー社やオン・セミコンダクター社によるCCDセンサーの生産終了に伴い、CMOSセンサーへ移行する動きが進んでいます。フレームレート、解像度を含め、Basler MED aceに搭載されているCMOSセンサーが有するメリットについて、ぜひご覧ください。

CMOSセンサーの詳細はこちら
医療・ライフサイエンス用途向けエンベデッドビジョン用製品

医療・ライフサイエンス用途向けエンベデッドビジョン用製品

低コスト・省電力・省スペースであることから、医療・ライフサイエンス分野においても大きなメリットが期待できるエンベデッドビジョン。Baslerでは、エンベデッドシステムの構築に必要なものをワンストップでご提供しています。

エンベデッドビジョン用製品のページへ
医療・ライフサイエンス用途向けBasler boostパッケージ

医療・ライフサイエンス用途向けBasler boostパッケージ

最新のCMOSセンサーを搭載し、高速データ転送規格のCoaXPress 2.0にも準拠しているBasler boost。このカメラと専用インターフェースカードがセットになったBasler boostパッケージがあれば、システム構築の労力を削減できます。

boostパッケージのページへ
ビジョンシステムにおけるディープラーニングの活用方法

ビジョンシステムにおけるディープラーニングの活用方法

これまで不可能であった画像処理を可能にするディープラーニング。この技術を活用したビジョンシステムを構築する場合、ハードウェアアーキテクチャーとしてコンピューターシステム、FPGAボード搭載システム、エンベデッドシステムなど、さまざまな選択肢が考えられます。

ディープラーニングの詳細はこちら

お問い合わせ

カメラ技術や業界動向など、最新トレンドについてご不明点がございましたら、Basler営業チームまでお気軽にお問い合わせください。

営業チームに問い合わせる