お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報

Basler MED機能セット:機能詳細

医療機器メーカーが遵守すべき法令に配慮した機能セット、画質や色再現性を重視した機能セットなど、幅広いラインナップをご用意。Basler MED aceに搭載されているMED機能セットは、厳選したハードウェア、ファームウェア、ソフトウェアを組み合わせて開発されており、医薬、医療、ライフサイエンス分野の各種用途に最適です。

規格準拠 - 各種認証により最大限の標準化を実現

手続きが複雑なことで知られる医療診断機器の認証。Baslerでは、MED aceの製造、販売、関連サービスの提供においてISO 13485:2016を導入しているほか、関連する各種認証も取得しています。また、GigE Vision、USB3 Visionをはじめとする規格の制定にも積極的に参加するなど、医療・ライフサイエンス用途向け製品のサプライヤーとして、最新の技術動向を注視しながら、さまざまな規格の遵守に取り組んでいます。

規格準拠の特長

  • カメラの開発、製造、販売においてISO 13485:2016を導入
  • 関連する各種認証を取得(CE、UL、EMCクラスA・クラスBなど)
  • デザインフリーズや時間・コストの削減により、医療機器のスムーズな認証をサポート
  • GigE Vision、USB3 Visionをはじめとする規格の制定にも積極的に参加

Basler MED aceシリーズの詳細はこちら

ISO 13485:2016認証

ISO 13485:2016認証

Baslerでは、医療・ライフサイエンス用途向けカメラMED aceの開発、製造、関連サービスの提供において、ISO 13485:2016に準拠した品質基準を導入しています。また、仕様を固定するデザインフリーズ や、指定部品のトレーサビリティを確保する製品変更通知サービスもご提供。製品監査のコスト削減に大きく貢献しています。

関連するホワイトペーパーを読む
Basler MED aceに関するその他認証

Basler MED aceに関するその他認証

品質を第一に考えるBaslerでは、お客様が製品の検査内容を把握しやすいようにするため、MED aceの全モデルに対して国際規格に準拠した検査を実施しています。また、CE、UL、EMCクラスA・クラスBといった関連する認証も取得。サプライヤーとして、さまざまな規格の遵守に取り組んでいます。

Basler MED aceに関する認証のページへ
規格準拠:Basler MED aceの眼科への導入をサポート

規格準拠:Basler MED aceの眼科への導入をサポート

OCT撮影、眼底検査をはじめ、人間の眼を撮影し、病気の診断をサポートする眼科の医療機器。Basler MED aceのMED機能セット「規格準拠」では、カメラの製造、販売、関連サービスの提供においてISO 13485:2016を導入し、関連する法令の厳しい要件を満たしているため、これらの機器にもスムーズに搭載できます。

眼科用途向けカメラの詳細はこちら

高画質イメージング - 自動調整機能によりかつてない画質を実現

医療・ライフサイエンスの世界では、鮮明な画像を撮影することが何よりも求められるため、関連する機器メーカーも、カメラを非常に重視しています。Basler MED aceのMED機能セット「高画質イメージング」には、高性能な自動画像補正機能が含まれており、一枚目から最高画質の画像をスムーズに撮影できます。

高画質イメージングの特長

  • 高画質な画像をすぐに撮影できるプリセット機能
  • FPGA上で画像補正を行うPGI機能(特許取得済み)
  • ワンクリックで最適な色合いと鮮明なコントラストを実現する自動調整機能
  • 急な明るさの変化にも瞬時に対応

Basler MED aceシリーズの詳細はこちら

一枚目から最高の画質を実現するプリセット機能

医療・ライフサイエンス用途に求められる画質を瞬時に実現。Basler MED aceのプリセット機能を使用すれば、ユーザー設定と各種画像補正機能を組み合わせることにより、一枚目から鮮明な画像を撮影できます。

プリセット適用前の画像
プリセット適用前の画像
プリセット適用後の画像
プリセット適用後の画像

Basler PGI:カメラ内蔵型画像補正機能(カラー、モノクロ対応)

Baslerが独自に開発した画像補正機能PGI(カラー、モノクロ対応)は、ノイズ除去シャープネス、5×5デベイヤリング、アンチエイリアシング(カラーのみ)の4つの機能から構成されており、カメラ内部のFPGA上で処理を行うことにより、ホストシステムの負荷を大幅に軽減できます。

PGI適用前の画像
PGI適用前の画像
PGI適用後の画像
PGI適用後の画像

自動色補正/自動コントラストにより最高の色再現性と画質を実現

医療の世界では、色の再現性が非常に重視されますが、正確な色調整は決して簡単な作業ではありません。Baslerの自動色補正機能を使用すれば、常に忠実な色の画像を撮影できます。また、高画質な画像を撮影するには、コントラストの調整も重要になります。Baslerの自動コントラスト機能を使用すれば、ヒストグラム平坦化処理により画像のコントラストを最大限に引き出し、鮮明なコントラストを瞬時に実現できます。もちろん、色とコントラストを手動で調整することも可能です。

自動色補正/自動コントラスト適用前の画像
自動色補正/自動コントラスト適用前の画像
自動色補正/自動コントラスト適用後の画像
自動色補正/自動コントラスト適用後の画像

明るさの変化に対応する自動露光機能

レンズやズーム倍率を変更すると、明るさが変化し、画質に影響を及ぼします。自動露光機能を使用すれば、明るさの変化に応じてカメラの設定が瞬時に調整されるため、最高画質の画像をスムーズに撮影できます。

高画質イメージング:自動調整機能により、顕微鏡観察・眼科に最適な高画質を実現

高画質イメージング:自動調整機能により、顕微鏡観察・眼科に最適な高画質を実現

カメラ搭載機器を開発したい、カメラを起動した瞬間から最高の画質を実現したい、そんなご要望にお応えするために登場したのがMED機能セット「高画質イメージング」です。Basler PGIのほか、色やコントラストの自動調整、明るさの変化に応じた露光調整など、充実の機能が搭載されています。

顕微鏡カメラの詳細はこちら
眼科用途向けカメラの詳細はこちら

パーフェクトカラー - 色設定を簡単かつ柔軟に調整可能

医療・ライフサイエンスの世界では、細かな色の違いを見分けるため、撮影の際に色設定を個別に調整しなければなりませんが、これは非常に複雑な作業で、時間もかかります。Basler MED機能セット「パーフェクトカラー」には、色合い、彩度、明るさ、コントラストを含む色空間全体を制御する機能や単色の設定変更が可能な6軸オペレーター、実物に最大限忠実な色を再現するカラーキャリブレーター、一般的な照明に対応したカラープリセットが搭載されており、要件に応じて色の見え方を素早く簡単に調整できます。

パーフェクトカラーの特長

  • わずか数クリックで最高の色忠実性を実現するBaslerカラーキャリブレーター
  • 色合い、彩度、明るさ、コントラストを含む色空間全体の簡単制御機能
  • 空間における単色の設定変更が可能な6軸オペレーター(特許取得済み)
  • さまざまな照明に対応した豊富なカラープリセット

Basler MED aceシリーズの詳細はこちら

Baslerカラーキャリブレーター:スムーズな色設定を実現

医療・ライフサイエンスの世界では、画像の色再現性が非常に重視されるため、カメラの色設定を正確に調整し、実物そのままの色を忠実に表現することが求められます。しかし、最適な設定値を見つけることは容易ではありません。pylonに搭載されているBaslerカラーキャリブレーターを使用すれば、そのような場合でも色設定を素早く簡単に最適化することができます。

色空間全体を自由自在に制御

カメラの色設定は、実際の用途によって大きく変わります。MED機能セット「パーフェクトカラー」では、要件に応じて色合い、彩度、明るさ、コントラストを調整できるなど、色空間全体を制御することが可能です。

色合い、彩度、明るさ、コントラストを調整した後の画像 色合い、彩度、明るさ、コントラストを調整した後の画像

Basler 6軸オペレーター:単色の設定変更が可能

細かな色の違いを見分けるために単色のみの設定を変更したい、そんなご要望にお応えしたのがBasler 6軸オペレーター(特許取得済み)です。このツールは、色の個別調整が可能なだけでなく、カメラのFPGA上で処理を行うため、ホストシステムのリソースも大幅に節約できます。

6軸オペレーターによる色調整を行う前の画像
6軸オペレーターによる色調整を行う前の画像
6軸オペレーターによる色調整(マゼンタ)を行った後の画像
6軸オペレーターによる色調整(マゼンタ)を行った後の画像

さまざまな照明に対応し、時間と労力の削減に貢献するカラープリセット

MED機能セット「パーフェクトカラー」には、多くの一般的な照明に対応したカラープリセットが揃っています。産業用画像処理向けの各種照明やオリンパス社製顕微鏡用LED(4500K、6000K)、ライカ社製顕微鏡用LED(5500K)などの顕微鏡用照明を含め、お使いの照明に最適なカラープリセットを選択することで、時間や労力の削減が期待できます。

パーフェクトカラー:顕微鏡観察、眼科に最適な色再現性を実現

パーフェクトカラー:顕微鏡観察、眼科に最適な色再現性を実現

顕微鏡観察、眼科におけるさまざまな判断材料になるなど、医療・ライフサイエンス分野では、細かな色の違いが特に重視されるため、実物に忠実なデジタル画像を撮影することが求められます。MED機能セット「パーフェクトカラー」には、色の見え方を調整するさまざまなプリセットとツールがセットになっており、各種用途に最適な画像をスムーズに撮影できます。
顕微鏡カメラの詳細はこちら
眼科用途向けカメラの詳細はこちら

防塵対応 - 厳しい清浄度が求められる用途に最適

画像処理機器だけでなく、清浄度に対しても厳しい要件が求められる医療・ライフサイエンス分野。例えば、高倍率の顕微鏡観察では、塵や埃が光学部品に影響を及ぼします。Basler MED aceの「防塵対応」搭載モデルは、クリーンな環境で製造を行うことにより、輸送中や撮影中の異物混入を防止しているため、これらの影響を排除することができます。

防塵対応の特長

  • センサー部分を密閉
  • 独立したクリーンルームにおいて製造
  • 徹底した発塵検査
  • 長期運用に適した高い耐久性

Basler MED aceシリーズの詳細はこちら
「防塵対応」のフライヤーはこちら

センサー部分を密閉し、塵や埃から保護

センサー部分を密閉し、塵や埃から保護

Basler MED aceのMED機能セット「防塵対応」では、IRカットフィルターとセンサー部分の間に仕切りを設けて密閉することにより、輸送中や撮影中に発生する塵や埃から保護するなど、クリーンな環境を維持するために最適なハードウェア設計を採用しています。

独立したクリーンルームにおいて製造

独立したクリーンルームにおいて製造

Baslerでは、医療・ライフサイエンス用途の厳しい清浄度基準を満たすため、MED aceを独立したクリーンルームで製造し、専任スタッフが組立作業を行っているほか、空気中の微粒子量を定期的測定し、記録しています。微粒子が一定量を超えた場合は、カメラの組立作業を一旦停止し、フィルター機器の清掃・点検後に再測定を行うようにしています。

徹底した発塵検査

Baslerでは、独立したクリーンルームにおいてMED aceを製造しており、空気中の微粒子量を常に監視しています。特にMED機能セット「防塵対応」搭載モデルについては、組立作業や最終検査を行う際にセンサーIRカットフィルターなどの部品を検査し、塵や埃を発見した場合は清掃を行っています。このほか、完成品に対しては、カメラ検査ツールを使用した確認も実施しています。

長期運用に適した高い耐久性

丈夫で高い耐久性を誇るBasler MED aceは、顕微鏡にも取り付けられるなど、さまざまな場面で柔軟な活用が可能です。また、センサー部分を密閉しているため、撮影中に塵や埃の影響を受けず、フィルターの清掃が必要になった場合でも、センサー部分を汚す心配がありません。

防塵対応:顕微鏡観察の厳しい清浄度基準をクリア

防塵対応:顕微鏡観察の厳しい清浄度基準をクリア

微細な構造物の観察に用いられている顕微鏡。顕微鏡に搭載するカメラは、鮮明な画像を撮影可能な高い解像度が求められますが、塵や埃がセンサーに付着すると、画質に影響を及ぼし、分析が困難になります。Basler MED aceのMED機能セット「防塵対応」搭載モデルなら、厳しい清浄度基準を満たしているため、顕微鏡観察にも最適です。

顕微鏡カメラの詳細はこちら

低照度イメージング - 暗い環境下でも優れた画質を実現

顕微鏡観察、ラボラトリーオートメーションをはじめとする医療・ライフサイエンス用途では、暗い環境下で画像処理を行う必要があります。Basler MED aceのMED機能セット「低照度イメージング」搭載モデルには、高い性能を誇る最新CMOSセンサーが搭載されているほか、長時間露光モード、内蔵型ヒストグラムなどの機能も充実しており、これらの用途に最適です。

低照度イメージングの特長

  • 長時間露光モードによるノイズ低減・感度向上
  • ヒストグラムによるカラーチャンネルの個別設定
  • カメラのFPGA上で画像を直接処理

Basler MED aceシリーズの詳細はこちら

暗い環境下での画質向上に貢献する長時間露光モードと内蔵型ヒストグラム機能

暗い環境下での画質向上に貢献する長時間露光モードと内蔵型ヒストグラム機能

蛍光顕微鏡観察を含むさまざまな医療・ライフサイエンス用途では、撮影の際に数秒単位の露光時間が必要になるため、画質に影響を及ぼすおそれがあります。Basler MED aceのMED機能セット「低照度イメージング」搭載モデルは、長時間露光時の画質を向上させるモードを備えているため、弱い光でも高い感度で検出し、ちらつきやノイズを低減することができます。

内蔵型ヒストグラム機能により最高のコントラストを実現

暗い環境下の撮影では、対象物の細部まで鮮明に再現することが難しくなります。そこで、登場するのが、カラーチャンネルのコントラストを個別に設定できる内蔵型ヒストグラムです。この機能があれば、背景の黒色部分の色合いを調整することにより、細部まで鮮明な画像を撮影できます。しかも、カメラのFPGA上で前処理を行うため、ホスト側のCPUリソースの大幅な節約にもつながります。

低照度イメージング:顕微鏡観察、ラボラトリーオートメーションの暗い環境に対応

蛍光顕微鏡観察や分子診断では、暗い環境下で撮影を行うため、画像のコントラストが低下してしまいます。この問題に対応するため、Basler MED aceの機能セット「低照度イメージング」では、長時間露光モード、内蔵型ヒストグラム機能を搭載した高感度カメラを採用することにより、ノイズを低減し、最高のコントラストを実現しています。

顕微鏡カメラの詳細はこちら
ラボラトリーオートメーション用途向けカメラの詳細はこちら

産業用イメージング - カメラとソフトウェアに関する長年のノウハウを結集

優れた性能、信頼性、耐久性により、業界最高水準の医療・ライフサイエンス用途向けカメラをご提供。Basler pylon Camera Software Suiteの使いやすいSDK、自動設定機能と高度なカメラ制御機能、さらには約30年にわたる業界経験で培われた顧客第一のサポートにより、カメラをスムーズにセットアップできます。

産業用イメージングの特長

  • 使いやすいSDKを備えたBasler pylon Camera Software Suite
  • 素早くカメラを起動する自動設定機能
  • 要件の厳しい用途にも対応可能な充実のカメラ制御機能
  • スムーズなセットアップを実現する互換性の高いカメラとソフトウェア
  • 充実のサポート体制

Basler MED aceシリーズの詳細はこちら

Basler pylon Camera Software Suite - 信頼性と操作性を兼ね備えたSDK

Basler pylon Camera Software Suite - 信頼性と操作性を兼ね備えたSDK

医薬、医療、ライフサイエンス分野において使用される機器にカメラをスムーズに取り付けるには、充実のマニュアルに加え、信頼性と操作性を兼ね備えたSDKが必要になります。Basler pylon Camera Software Suiteには、使いやすさに配慮したSDKが付属しており、Windows、Linux、macOS搭載のコンピューター上でBaslerカメラの全モデルを制御できます。

pylonをダウンロードする

自動設定機能に加え、産業用途に最適な充実のカメラ制御機能を搭載

Baslerカメラには、医療・ライフサイエンス用途向けカメラを素早く簡単にセットアップできる使いやすい自動設定機能が搭載されています。さらに、画像処理に関する専門知識があれば、ハードウェアトリガー、チャンク、ピクセル形式の変更など、pylon Camera Software SuiteのSDKならではの高度なカメラ制御機能を使用することもできます。

カメラのスムーズなセットアップをサポート

問題が発生した場合でも、Baslerが全力サポート。医療・ライフサイエンス用途向けカメラシリーズMED aceとpylon Camera Software Suiteを組み合わせれば、お使いのシステムにカメラを素早く簡単に取り付けられます。

ハイスピード - 高フレームレートによる安定したデータ転送を実現

医療・ライフサイエンス用途向けに優れた速度と信頼性を兼ね備えたカメラを提供しているBasler。そのうち、Basler MED aceのMED機能セット「ハイスピード」搭載モデルは、グローバルシャッターCMOSセンサーとUSB3 Visionを採用しているため、連続する画像を次々に取得しなければならないラボラトリーオートメーション、高フレームレートによる安定したデータ転送が求められるプロセスオートメーションなど、さまざまな高速撮影用途に最適です。

ハイスピードの特長

Basler MED aceシリーズの詳細はこちら

高いフレームレートを誇るCMOSセンサー

高いフレームレートを誇るCMOSセンサー

CCDセンサーは、ピクセルの受光面に蓄積された電荷を中央の増幅装置まで運んでから信号を読み出しますが、CMOSセンサーなら、各ピクセル上で直接電荷を処理するため、信号を同時に読み出すことが可能です。読み出し時間が短いと、フレームレートが向上するとともに、消費電力や熱発生(冷却装置がない場合)、ノイズも低減できます。このような理由から、Basler MED aceでは、医薬、医療、ライフサイエンス分野により適したセンサーとして、CCDセンサーの代わりにCMOSセンサーを採用しています。

関連するホワイトペーパーを読む

USB 3.0による高速かつ信頼性の高いデータ転送

ラボラトリーオートメーションでは、高フレームレートによる安定したデータ転送が求められるため、USB 3.0とUSB3 Visionがおすすめです。USB 2.0とGigEの最高転送速度がそれぞれ45MB/秒と100MB/秒であるのに対し、USB 3.0は350MB/秒を実現しており、速度・信頼性・耐久性の三拍子が揃ったプラグアンドプレイ対応インターフェースとして産業用途にも対応できます。一方、USB3 Visionは、画像転送の安定性を向上する方法について定めたもので、この規格に準拠したハードウェアやアクセサリーを使用すれば、すべての構成機器をスムーズに接続できます。
Vision CampusのUSB 3.0に関する記事はこちら

USB 3.0による高速かつ信頼性の高いデータ転送
動く物体の撮影に最適なグローバルシャッターセンサー

動く物体の撮影に最適なグローバルシャッターセンサー

カメラを選ぶ際には、CMOSセンサーCCDセンサーの違いだけでなく、シャッター方式にも注意する必要があります。シャッター方式は、画像の読み出し方法の違いから、グローバルシャッターとローリングシャッターの2種類に分けられます。ローリングシャッターは1列ずつ読み出しを行うため、動く物体を撮影すると、ローリングシャッター現象と呼ばれる歪みが生じるおそれがあります。一方、センサーの受光面全体で読み出しを行うグローバルシャッターなら、対象物を瞬時に捉えるため、ラボラトリーオートメーションなどの高速撮影用途に最適です。
関連するホワイトペーパーを読む

CMOSセンサーが選ばれる理由

CCDセンサーに取って代わり、普及が進んでいるCMOSセンサー。このビデオでは、医療・ライフサイエンスを含め、さまざまな分野においてCMOSセンサーを採用するメリットについて解説しています。

ハイスピード:高い速度と精度を兼ね備え、ラボラトリーオートメーションに最適

ラボラトリーオートメーションでは、分析精度や処理能力を向上させることが最も重視されますが、Basler MEDのMED機能セット「ハイスピード」なら、高い速度、解像度、信頼性により最高の画質を実現し、これらの要件を満たすことができます。

実験機器・ラボラトリーオートメーション用途向けカメラの詳細はこちら

お問い合わせ

Basler MED aceの大きな特長であるMED機能セット。その詳細についてご不明点がございましたら、Basler営業チームまでお気軽にお問い合わせください。

Basler営業チームに問い合わせる