お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報

「デザインフリーズ」による製品の安定性確保:ハードウェアとファームウェアの仕様を固定

特別な検査が求められる医療・ライフサイエンス用途向け製品は、時間のかかる複雑な工程により、製造コストが高くなります。しかも、一つの部品に変更があった場合でも、新たに検査を実施しなければなりません。Baslerではこのことに配慮し、以下の取り組みを実施しています。Basler MED aceの安定性を確保するため、ハードウェアとファームウェアの仕様を固定する「デザインフリーズ」を導入。ISO 13485:2016規格に準拠した全面的な変更管理により、文書の一貫性を保持。また、ご要望に応じて製品の変更を通知するサービスもご提供。

製品変更

製品変更

製品変更通知(PCN)サービスにご登録いただければ、Basler MED aceに変更が発生した場合、事前に通知を受け取ることができます。

製品変更ページへ
製品変更通知サービスに登録する

製品変更に関するガイドライン

Basler MED aceに変更が発生した場合、カメラ本体だけでなく、製造工程にも影響を与えます。Baslerでは、事前通知サービスを提供するとともに、製品変更に関するガイドラインを策定し、変更の種類を細かく区分しています。

製品変更に関するガイドラインのページへ

製品変更に関するガイドライン

Basler MED ace - ISO 13485:2016に準拠した製品の安定性確保

Baslerでは、医療・ライフサイエンス用途向けカメラMED aceの製造、販売、関連サービスの提供においてISO 13485:2016を導入することにより、動作の安定性を確保しています。

Basler MED aceシリーズの詳細はこちら

お問い合わせ

医療・ライフサイエンス用途向けカメラMED aceの安定性確保についてご不明点がございましたら、Basler営業チームまでお気軽にお問い合わせください。

営業チームに問い合わせる