お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
  • 医療・ライフサイエンス用 カメラに関するパンフレット はご覧いただきましたか?

    詳細情報

外科向け画像処理

高い精度で鮮明かつクリアな画像を実現

外科向け画像処理

外科では、基本要件として、非常に微細かつ複雑な解剖学的構造をリアルタイムで正確に可視化できる画像処理が求められます。

Baslerカメラは、その高いコントラスト比と正確な色忠実性により、高解像度の鮮明な画像を確実に提供します。

手術の可視化、画像の分析、プロセスシミュレーション、そして手術に関する文書化、プレゼンテーション、ディスカッションに最適な画像が撮影可能。現在、デジタルカメラは、光学顕微鏡による蛍光観察を利用した手術可視化システムやコンピューター支援・ロボット支援の低侵襲手術、術中ナビゲーションシステムに必要不可欠なものとなっています。

代表的な用途:

  • 光学顕微鏡・立体顕微鏡による蛍光観察を利用した手術の可視化
  • コンピューター支援・ロボット支援の低侵襲手術
  • 術中ナビゲーション
  • モニタリング

おすすめのカメラ

Basler ace:柔軟性の高い小型モデル

Baslerの医療・ライフサイエンス用途向けカメラMED ace

Basler MED aceシリーズの詳細はこちら

Basler dart

Basler dart:小型ボードレベルカメラ

  • ベアボードモデル:わずか27×27mm(5g)
  • Sマウント・CSマウントモデル:わずか29×29mm(15g)
  • 最大5MPの解像度と60fpsのフレームレートを備えた人気のアプティナ社製CMOSセンサー
  • 導入しやすい価格(14,900円~)で抜群のコストパフォーマンス

Basler dartカメラシリーズの詳細についてはこちらをクリック!

お客様の外科向け画像処理用途に合ったカメラ選びをお手伝いします。ご不明点がございましたら、

お気軽にお問い合わせください。