お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

医療診断向け画像処理

信頼性、最高の画質

医療診断向け画像処理

医療診断向け画像処理では、柔軟性や安全性、患者の快適性を高めるとともに、最大限の可動性と迅速な画像制御・モニタリングが求められます。デジタルカメラを使用した代表的な用途として、内視鏡検査、低侵襲手術、可動式のデジタル放射線装置、放射線治療で患者の位置調整をモニタリングする装置などがあります。

省スペース設計のBaslerカメラは、その優れた光感度と高いコントラスト比、自然な演色により、一貫した画質を実現することで、多くのお客様に選ばれています。また、効率的で信頼性のある高い精度の画像処理だけでなく、使用上の安全性も保証しています。

おすすめのカメラ

Basler ace:柔軟性の高い小型モデル

Baslerの医療・ライフサイエンス用途向けカメラMED ace

Basler MED aceシリーズの詳細はこちら

Basler dart

Basler dart:小型ボードレベルカメラ

  • ベアボードモデル:わずか27×27mm(5g)
  • Sマウント・CSマウントモデル:わずか29×29mm(15g)
  • 最大5MPの解像度と60fpsのフレームレートを備えた人気のアプティナ社製CMOSセンサー
  • 導入しやすい価格(14,900円~)で抜群のコストパフォーマンス

Basler dartカメラシリーズの詳細についてはこちらをクリック!

お客様の医療診断向け画像処理用途に合ったカメラ選びをお手伝いします。ご不明点がございましたら

お気軽にお問い合わせください。