お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ビジョンシステムを構築する オンラインストア

活用事例

CXP-12対応カメラboostの広視野撮影を利用したコード読み取り

製品の組立・包装・出荷を行う生産現場では、各部品やロットを追跡するため、産業用カメラを使用して一次元コード(バーコード)や二次元コード(データマトリックス)を読み取ります。同様の作業は物流現場でも必要になりますが、貨物の外箱と内箱を同時に撮影する場合、CXP-12対応カメラboostの中でも、オン・セミコンダクター社製CMOSセンサーXGS 45000を搭載したモデルがおすすめです。

広視野(2×1m)・高画素(45MP)が特長のこのモデルは、大きな貨物と小さなコードの両方を捉えることが可能で、コードの細かな線一本一本を4ピクセルの精度で鮮明に撮影できます。

このほか、boost専用のインターフェースカードとして高い互換性を有するCXP-12インターフェースカード1C(チャンネル数:1)を組み合わせれば、さらなる作業の効率化とテスト期間の短縮にもつながります。詳しくは活用事例をご覧ください。

活用事例を読む