お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ビジョンシステムを構築する オンラインストア

導入事例

新型コロナウイルス向けワクチンバイアルの自動検査におけるBaslerカメラの活用

楚天科技股份有限公司(Truking Technology)は、バイオ医薬品向けの包装機械や自動化設備の製造において20年以上の実績を有する医薬品用機器のトップメーカーです。新型 コロナウイルス感染症(COVID-19)の収束に向け、安全・安心なワクチンを迅速に提供するため、Truking Technology社はBaslerと提携し、自社のバイアル自動検査装置にBaslerカメラを導入しました。

新型コロナウイルス向けワクチンは完成したものの、安全性を確保しながら生産量を拡大することが次の大きな課題となっています。

バイアルとは注射剤を入れるためのガラス製容器のことで、封入時にコンタミネーションが発生するおそれがあるため、生産の際にはマシンビジョンによる外観検査を行うことで、各種欠陥を早期に検出しています。

詳しくは導入事例をご覧ください。