お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ビジョンシステムを構築する オンラインストア

導入事例

製パン工場における3Dロボットビジョンの活用

3Dカメラ&ピックアンドプレースロボットの融合

フィンランドを拠点にターンキーロボットシステムのカスタム開発を行っているKINE Robotics社。

同社がBasler、OEM Finland社と共同開発した製パン業界向け3Dロボットビジョンシステムには、Basler Time-of-Flightカメラblaze、Matrox Imaging社製画像処理ソフトウェアMatrox Design Assistant X、ストーブリ社製ピックアンドプレースロボットが搭載されており、ベルトコンベヤー上を流れる大きさや形状の異なる商品を正確にピックアップし、箱詰めすることができます。

2Dカメラとは異なり、対象物の明るさ・色・コントラストに左右されない3Dカメラを採用していることも今回のシステムの大きな特長で、追加の光源が必要ないため、設計やコスト面のムダを省きながら、作業工程を高速化することが可能です。