お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ビジョンシステムを構築する オンラインストア

活用事例

CoaXPress 2.0対応3D AOI装置

高度な画像処理が求められる電子部品の外観検査。Baslerでは、従来のCamera LinkCoaXPress 1.1.1から最新のCoaXPress 2.0(CXP-12)への移行をご提案することにより、既存の3D AOI装置のムダを省き、画質・検査効率の向上に貢献しています。

3D AOI装置の構成内容としては、CXP-12対応のメインカメラ(モノクロまたはカラー)1台、レーザープロジェクター、フレームグラバー(またはインターフェースカード)、サブカメラ4台が考えられます。従来のCamera LinkCXP 1.1.1から最新のCXP-12への移行は難しいものではなく、大きな労力やコストもかかりません。

メインカメラのインターフェースにCXP-12を採用すれば、データ転送速度だけでなく、解像度(16~25MP)、フレームレート(160~180fps)も向上し、優れた画質による高精度な測定が可能になります。サブカメラについては、USB 3.0またはCamera Linkに対応したモデル(12MP・90fpsなど)で十分でしょう。

また、メインカメラから転送されたデータを処理する際には、FPGA搭載のCXP-12インターフェースカードやプログラマブルフレームグラバー(1~4チャンネル)が必要になりますが、Baslerではこれらの機器をカメラとセットでご提供することで、照明、ソフトウェアと高い互換性を確保しています。

ハードウェア、ソフトウェアを含め、システム全体にさまざまなメリットをもたらすCXP-12。その詳細について、活用事例をぜひご覧ください。