お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ビジョンシステムを構築する

見たいものを撮る-さまざまな撮像方法

一般的な産業用カメラを使用した撮影では、被写体に反射性や光沢性がある場合など、条件によっては要件を満たす画像が得られないことがあり、特殊な照明の導入にも多大なコストと労力がかかります。このウェビナーでは、カメラを使用して特殊な測定を行う方法について、代表的な事例を挙げながら解説します。

解説内容

  • 転送速度
  • 転送距離
  • コスト・労力

講師

Basler Japan
アプリケーションエンジニア
稲垣 尚徳

20年以上にわたり、アプリケーションエンジニアとしてBasler製品関連業務に携わる。光ディスクや太陽電池などの製造ライン設備プロジェクトを多く扱い、Basler製品を利用した検査ラインの導入を多く手掛けた。2014年からは、カメラ製品の技術的なお客様サポートを担当。

ご視聴はこちら