お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ビジョンシステムを構築する Webshop

検査効率をアップする最新マシンビジョンTips 3選~鉄道検査を例に

肉眼では確認できない部位を含め、線路、車両、車載機器を適切に検査することは、安全・安心な鉄道運行に欠かせません。これらの鉄道検査では、コスト削減やサービス向上を目的として、コンピュータービジョン技術が広く導入されており、カメラから転送された画像データを解析することで、事故につながる欠陥がないかを自動的に監視できるようになっています。

このウェビナーでは、鉄道検査の効率化と精度向上を例に挙げながら、マシンビジョンシステム構築のコストや労力の削減を実現する3つのポイントについて解説します。

解説内容

  • プロセッサー、アルゴリズム内の不要なデータの削減
  • 低価格カメラによる高速撮影の実現
  • 労力をかけずにGigEの帯域幅を最大化する方法

対象者:システムエンジニア、アプリケーションエンジニア、プロジェクトエンジニア、プロジェクト管理者

開催日時

地域 言語 日付 時間
日本 日本語 2021年7月29日(木) 15:00~16:00

講師

稲垣 尚徳
Basler Japan
アプリケーションエンジニア
稲垣尚徳

20年以上にわたり、アプリケーションエンジニアとしてBasler製品関連業務に携わる。光ディスクや太陽電池などの製造ライン設備プロジェクトを多く扱い、Basler製品を利用した検査ラインの導入を多く手掛けた。2014年からは、カメラ製品の技術的なお客様サポートを担当。

Baslerでは、他にもさまざまなトピックでウェビナーを開催しています。詳細はこちら をご覧ください。

お申し込みはこちら