お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ビジョンシステムを構築する

Python向けオープンソースインターフェース「pypylon」活用術

このウェビナーでは、注目のBaslerのPython向けオープンソースインターフェース「pypylon」について解説します。プロトタイピング、カメラといったビジョンシステムの開発にかかる時間・コストの削減方法をご紹介します。

概要

このウェビナーでは、複雑な開発環境を構築することなく、簡単にビジョンシステムを開発できることで注目されているBaslerのPython向けオープンソースインターフェース「pypylon」について解説します。プロトタイピング、カメラといったビジョンシステムの開発にかかる時間・コストの削減方法をデモンストレーションとともにご紹介します。

ウェビナーの最後には質疑応答セッションも実施いたします。

講師

Basler Japan
アプリケーションエンジニア
安原禎孝

20年以上にわたり、アプリケーションエンジニアとしてBasler製品関連業務に携わる。光ディスクや太陽電池などの製造ライン設備プロジェクトを多く扱い、Basler製品を利用した検査ラインの導入を多く手掛けた。2014年からは、カメラ製品の技術的なお客様サポートを担当。

Baslerでは、他にもさまざまなトピックでウェビナーを開催しています。詳しくは開催スケジュール をご覧ください。

ご視聴はこちら