お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ビジョンシステムを構築する

用途に合ったインターフェースの選び方

マシンビジョン向けのカメラインターフェースが進化し、大量データの高速・長距離転送が可能になるなか、いかにしてオーバーエンジニアリングを避けながら、最適なインターフェースを選ぶかが大きなポイントとなっています。このウェビナーでは、代表的なインターフェースのメリット・デメリットを比較しながら、選定の際に考慮すべき点について解説します。

解説内容

  • 転送速度
  • 転送距離
  • コスト・労力

講師

Basler Japan
アプリケーションエンジニア
稲垣 尚徳

20年以上にわたり、アプリケーションエンジニアとしてBasler製品関連業務に携わる。光ディスクや太陽電池などの製造ライン設備プロジェクトを多く扱い、Basler製品を利用した検査ラインの導入を多く手掛けた。2014年からは、カメラ製品の技術的なお客様サポートを担当。

ご視聴はこちら