お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2019/07/10

量産拡大:Basler MED ace USB 3.0対応モデル(9MP/12MP)

量産拡大:Basler MED ace USB 3.0対応モデル(9MP/12MP)

このほど、産業用カメラメーカーのBaslerは、医療・ライフサイエンス用途向けカメラシリーズMED aceのラインナップを拡充し、カラーモデル、モノクロモデル合わせて8モデルの量産を新たに開始しました。今回追加されたのはUSB 3.0対応の9MPモデルと12MPモデルで、最高性能のCMOSセンサーを搭載し、最大フレームレート42fpsを実現しています。これにより、Basler MED aceのモデル数は計18モデルになります。「優れた性能はもちろん、MED aceにはほかにも2つの大きな特長があります」と話すのは、Baslerで医療市場向け製品管理チームリーダーを務めるPeter Behringerです。「1つ目は、全モデルの製造、販売、関連サービスの提供においてISO 13485:2016を導入していること。そして2つ目は、医療・ライフサイエンス用途向けに高性能なハードウェア、ファームウェア、ソフトウェアを組み合わせて開発したBasler MED機能セットを搭載していることです」と同マネージャーは続けます。

デジタルカメラの製造、販売、関連サービスの提供に関して国際規格のISO 13485:2016認証を取得しているBaslerでは、厳格な品質管理体制の下で製造工程の検証・監視、トレーサビリティの確保、全面的な変更管理を行うことにより、マニュアル類の充実や製品品質の向上を図っています。これは医療機器や体外診断用医薬品(IVD)を取り扱うメーカーにとっても大きなメリットで、品質監査や製品関連文書の作成をよりスムーズに進めることができます。また、特に重要となる変更管理については、ハードウェアとファームウェアに変更を加えない「デザインフリーズ」を含めて明確な規定を行うなど、Basler MED aceを長期にわたって使用できるようにしています。

このほか、医療・ライフサイエンス分野の厳しい撮影要件を満たすため、Baslerがハードウェア、ファームウェア、ソフトウェアを組み合わせて独自に開発したMED機能セットが付属していることもBasler MED aceの大きな特長です。MED機能セットには「規格準拠」、「高画質イメージング」、「パーフェクトカラー」、「低照度イメージング」、「ハイスピード」、「産業用イメージング」の6種類があり、短時間で最適な画像を撮影できるだけでなく、それぞれのシーンに応じた柔軟な活用も可能であるなど、開発労力の軽減につながります。

詳細については、www.baslerweb.com/medical をご覧ください。

ご注意:4c画像はほとんどのブラウザでは正しく表示されません。画像を右クリックして「名前を付けて保存...」を選択し、お使いのPCに保存してください。その後、適切なプログラムを使用することで表示することができます。