お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2020/09/15

Basler MED aceシリーズに6MP・20MP対応モデルが新登場

Basler MED aceシリーズに6MP・20MP対応モデルが新登場

このほど、コンピュータービジョン向け画像処理機器メーカーのBaslerは、医療・ライフサイエンス用途向けカメラシリーズMED aceのラインナップを拡充し、ソニー社製CMOSセンサーIMX178(6MP・59fps)とIMX183(20MP・17fps)を搭載したモデルを追加しました。カラーまたはモノクロが選べる新モデルは、MED機能セット“防塵対応”により厳しい清浄度基準を満たしているほか、シリーズ全体の特長として製造・販売・関連サービスの提供を含め、製品ライフサイクル全体にわたってISO 13485:2016を導入。6MP対応モデルについては、優れた性能と品質を実現しながら、コスト重視の価格設定になっていることも大きな魅力です。

ソニー社製CMOSセンサーIMX178とIMX183は、裏面照射構造のローリングシャッターを採用し、高い感度が特長。また、カメラ内蔵機能としては、低解像度・高フレームレートの撮影に最適な“センサービニング”、シャープネスの調整をサポートする“フォーカスインジケーター”などが使用できます。

このほか、医療・ライフサイエンス分野の厳しい基準を満たすため、Basler MED aceシリーズには、ハードウェア、ファームウェア、ソフトウェアを組み合わせて開発されたMED機能セットも付属。“規格準拠”、“高画質イメージング”、“パーフェクトカラー”、“低照度イメージング”、“産業用イメージング”、“ハイスピード”、“防塵対応”の7種類から成るこの機能があれば、短時間で最適な画像を撮影できるだけでなく、それぞれのシーンに応じた柔軟な活用も可能になるなど、開発労力の軽減につながります。

「Basler MED aceシリーズの開発に際しては、高性能かつ丈夫であることはもちろん、医療機器にスムーズに搭載できることを第一に考え、社内の一部にISO 13485:2016を導入しました」と話すのは、Baslerでプロダクトマネジメント部長を務めるPeter Behringerです。「このほか、MED aceに付属しているMED機能セットは、色再現性や清浄度をはじめとする特殊な要件を満たすことにより、医療・ライフサイエンスだけでなく、ファクトリーオートメーションにおける活用も期待されています。特に“防塵対応”は高解像度撮影を行う検査機器に、そして“パーフェクトカラー”は忠実な色再現が求められるAIシステムに最適です」と同部長は続けます。

Baslerの医療・ライフサイエンス用途向け製品の詳細については、www.baslerweb.com/medical をご覧ください。

ご注意:4c画像はほとんどのブラウザでは正しく表示されません。画像を右クリックして「名前を付けて保存...」を選択し、お使いのPCに保存してください。その後、適切なプログラムを使用することで表示することができます。