お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報 | バーチャルイベント | ウェビナー
2021/03/30

Baslerが2020年の好調な業績と2021年の展望を発表

 Baslerが2020年の好調な業績と2021年の展望を発表

このほど、コンピュータービジョン向け画像処理機器メーカーのBaslerは、2020年度のアニュアルレポート(監査済)を発表しました。2020年は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により市場が低迷するなか、グループ全体の売上高が1億7,050万ユーロ(前年:1億6,200万ユーロ)に増加したほか、受注高も1億8,160万ユーロ(前年:1億6,650万ユーロ)に急伸しました。その結果、税引前利益が21%増の2,040万ユーロ(前年:1,690万ユーロ)、税引前利益率は12.0%(前年:10.4%)に達しています。

フリーキャッシュフローについては、過去の取得に対する支出が生じため、前年から970万ユーロ減少し、1,400万ユーロとなりました。

一方、2021年度の業績に目を向けると、コロナ禍の影響で不透明な情勢が続いているものの、2020年第4四半期以来、受注残高と受注高が堅調に推移するなど、好調なスタートを切っています。物流・半導体・電子機器業界に成長の兆しが見られることに加え、中国市場への信頼感が強いこともプラス要因となりました。現時点の情報から判断すると、2021年度におけるグループ全体の業績は、売上高が1億9,000万ユーロ~2億1,000万ユーロ、税引前利益率は12%~14%に達すると見込まれます。このような明るい見通しの背景には、物流・半導体・電子機器関連の設備投資の増加、ワクチンの普及による下半期の感染状況の改善、電子部品の安定供給などに対する期待感があると考えられます。また、この業績予想は、2023年度末までに売上高2億5,000万ユーロ、税引前利益率12%を達成するという中期目標の内容にも沿ったものとなっています。

アニュアルレポートの全文は、Basler公式ホームページ(www.baslerweb.com)にてご覧いただけます。

ご注意:4c画像はほとんどのブラウザでは正しく表示されません。画像を右クリックして「名前を付けて保存...」を選択し、お使いのPCに保存してください。その後、適切なプログラムを使用することで表示することができます。