お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2020/11/24

Baslerが1GigE/10GigEインターフェースカードを 新たに発表

Baslerが1GigE/10GigEインターフェースカードを 新たに発表

(2020年11月24日、ドイツ・アーレンスブルク発)このほど、コンピュータービジョン向け画像処理機器メーカーのBaslerは、製品ラインナップを大幅に拡充し、自社ブランドのGigE Visionインターフェースカード計7モデルを新たに発表しました。新登場のインターフェースカードは、1Gig、1GigE PoE(Power over Ethernet)、10GigEに対応し、ポート数は1~4。用途に応じてスイッチを追加することにより、最高データ転送速度を維持しながら、ネットワーク内のカメラ台数を増やせるなど、既存のコンピューターのLANポート数が足りない場合(別の機器用のコントローラーがすでに接続されているなど)や、電源供給を行うPoE機能が搭載されていない場合を含め、さまざまな環境下で複数のカメラを運用できます。

製品ラインは、スタンダードラインとプレミアムラインの2種類。そのうち、画像取得の安定性を重視して開発されたスタンダードラインは、1GigEカード(ポート数1、2、4)と10GigEカード(ポート数1)の計4モデル。一方、要件の厳しい用途に最適なプレミアムラインは、1GigEカード(ポート数1、2、4)計3モデルのラインナップで、データ転送と電源供給を同時に行うPoEに対応しているため、配線の簡易化によるコスト削減や不具合防止が期待できます。

いずれのモデルも、対応するスイッチと組み合わせれば、カメラの接続台数を増やすことが可能。1ポートの10GigEインターフェースの場合で、最大10台の1GigE対応カメラを接続できるなど、用途の幅がさらに広がります。

しかも、同一メーカー製品としてBaslerカメラと同じMACアドレスを使用しているため、セキュリティの確保や効率的な接続制御(MACアドレスフィルターの設定)を目的としたトラフィックの制限を含め、高度なネットワーク管理を簡単に行うことができます。

このほか、pylon SDKとの互換性も確保。撮影関連の設定を調整することにより、インターフェースカードの性能がさらに向上します。

Baslerでは、GigE Visionだけでなく、USB 3.0、CoaXPress 2.0に対応したインターフェースカードも豊富に取り揃えています。詳しくはbaslerweb.com/pccards をご覧ください。

ご注意:4c画像はほとんどのブラウザでは正しく表示されません。画像を右クリックして「名前を付けて保存...」を選択し、お使いのPCに保存してください。その後、適切なプログラムを使用することで表示することができます。