お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2019/11/26

BaslerがNXPセミコンダクター社製プロセッサーi.MX 8シリーズ対応の新たな開発キットを発表

BaslerがNXPセミコンダクター社製プロセッサーi.MX 8シリーズ対応の新たな開発キットを発表

(2019年11月27日、ドイツ・アーレンスブルク発)このほど、産業用カメラメーカーのBaslerは、エンベデッドビジョンシステム用製品のラインナップを拡充し、NXPセミコンダクターズ社製プロセッサーi.MX 8シリーズに対応した新たな開発キットを発表しました。i.MX 8シリーズは、供給期間、耐久性、電力消費、拡張性の各方面で高い水準を達成しているプロセッサーとして、エンベデッドビジョンシステムに最適です。

新登場の開発キットは、congatec社、eInfochips社、SolidRun社、トラデックス社、Variscite社をはじめ、業界をリードするSoMメーカーとBaslerが共同設計したもので、幅広い要件を満たすことが可能です。しかも、セットアップも非常に簡単で、各SoMメーカーのシステムウェアにカメラドライバーがあらかじめ組み込まれているため、面倒なプログラミング作業が必要なく、キット一つでエンベデッドビジョンシステムの開発をすぐに開始できます。

また、カメラモジュールとさまざまなプロセッサー、SoM、センサーを組み合わせられることから、プロセッサーの性能やインターフェースの種類にかかわらず、エンベデッドビジョンを自由にカスタマイズできることもその大きな魅力です。

「Baslerと業界大手の多くのSoMメーカーとの緊密な連携により完成した今回の開発キットは、エンベデッドビジョンの世界に新たなエコシステムを構築する製品として期待されています。各キットには互換性のあるハードウェアとソフトウェアがセットになっているため、専門知識がないお客様でもエンベデッドビジョンシステムを簡単に導入できます」と話すのは、Baslerでプロダクトマーケットマネジメント部長を務めるGerrit Fischerです。また、同氏は「今回の製品を起点に、お客様一人ひとりに合ったエンベデッドビジョンソリューションをご提案できると考えています」と続けます。

第一弾のキットでは、Basler dart MIPI対応BCON搭載モデル(13MP)のほか、プロセッサー(i.MX 8Mまたはi.MX 8M Mini)、プロセッシングボード(eInfochips社製Thor96またはVariscite社製DART-MX8M-MINI)がセットになっています。そのうち、eInfochips社製Thor96は96Boards仕様に準拠しているため、より高度なシステム開発が可能です。一方、Variscite社製DART-MX8M-MINIは幅広いインターフェースに対応しており、i.MX 8M Miniと組み合わせることで産業用途に特化したシステムを構築できます。

なお、その他協力各社のプロセッシングボードやi.MX 8シリーズのほかのモデルを含むキットについては、2020年初めごろにリリースされる予定です。

プレス画像用キャプション:NXPセミコンダクター社製プロセッサーi.MX 8シリーズ対応のBasler開発キット

ご注意:4c画像はほとんどのブラウザでは正しく表示されません。画像を右クリックして「名前を付けて保存...」を選択し、お使いのPCに保存してください。その後、適切なプログラムを使用することで表示することができます。