お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2020/08/07

Baslerが2020年上半期の好調な業績を発表

Baslerが2020年上半期の好調な業績を発表

このほど、コンピュータービジョン向け画像処理機器メーカーのBaslerは、2020年上半期の業績を発表。新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、前年同期と比べて受注・売上・利益がともに大幅に拡大するなど、業界内でも好調な滑り出しを見せ、今年全体の成長に対して明るい見通しを示す内容となりました。コロナ禍の影響で市場環境が悪化していますが、Baslerは世界に広がるネットワーク、多種多様な顧客層、強固な生産体制を活用し、堅調な業績を維持しています。

具体的な数字については、売上高が前年同期比9%増の8,890万ユーロ(前年:8,170万ユーロ)、受注高は同10%増の9,230万ユーロ(前年:8,420万ユーロ)となりました。一方、税引前利益についても、売上と受注の伸びを反映して急拡大。前年の720万ユーロから78%増(+560万ユーロ)の1,280万ユーロに達しています。

しかし、このような好調な業績にかかわらず、新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が後退し、下半期の受注が減少すると見られることから、資本財産業と関連するコンピュータービジョン市場は今後しばらく厳しい状況が続く見通しです。しかも、垂直市場の状況によっては影響が拡大することも考えられます。さらに、季節的な要因により、半導体・電子機器向けのマシンビジョン関連製品の需要が減少し、下半期の売上の伸びが鈍化することを踏まえると、全体の連結売上高は1億5,550万ユーロから1億6,500万ユーロの間で着地するとBaslerは予想しています。

足元のマクロ経済は引き続き弱含みの傾向にありますが、機械設備の自動化、スマートファクトリーにおける画像処理用途の拡大、インダストリー4.0やIoTの推進によるスマート機器のネットワーク化をはじめ、収益基盤となる分野が安定していることから、Baslerの全体的な業績は今後も好調に推移することが期待されています。

2020年上半期報告書の全文については、Baslerのホームページ(www.baslerweb.com )にてご覧いただけます。

ご注意:4c画像はほとんどのブラウザでは正しく表示されません。画像を右クリックして「名前を付けて保存...」を選択し、お使いのPCに保存してください。その後、適切なプログラムを使用することで表示することができます。