お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2020/04/14

Baslerがboostとboostパッケージの量産を開始

Baslerがboostとboostパッケージの量産を開始
Basler boost CXP-12パッケージ


このほど、産業用カメラメーカーのBaslerは、CoaXPress 2.0対応カメラシリーズboostとboostパッケージの量産を開始しました。最先端のソニー社製CMOSセンサーと新登場のCoaXPress 2.0(CXP-12)を採用し、その両方のメリットを有するboost。そのうち、IMX253センサー搭載モデル(12MP・68fps)とIMX255センサー搭載モデル(9MP・93fps)は高い解像度とフレームレートを備えており、CXP-12が誇る最大12.5Gbpsの転送速度と組み合わせれば、包装、プリント基板(PCB)、ガラスびん、製品表面などの自動光学検査だけでなく、医療分野の各種検査でも大きな威力を発揮します。

また、boostパッケージに含まれるカメラとインターフェースカードは、共通のSDKとしてpylon Camera Software Suiteを使用できるなど、セットアップや運用も非常に簡単。さらに、別途I/Oケーブルを用意しなくても、ケーブル1本で電源供給とデータ転送を同時に行うPower-over-CXP(PoCXP)に対応し、最大ケーブル長も40mあるため、システム構造のムダや全体コストの削減にもつながります。

Basler boostは現在全4モデルで構成されており、今後もさらなるラインナップ拡充が予定されています。

Basler boostとBasler boostパッケージの詳細については、公式ホームページ をご覧ください。

ご注意:4c画像はほとんどのブラウザでは正しく表示されません。画像を右クリックして「名前を付けて保存...」を選択し、お使いのPCに保存してください。その後、適切なプログラムを使用することで表示することができます。