お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2018/08/09

リアルタイムなカラー画像の撮影:医療における色補正の重要性

リアルタイムなカラー画像の撮影:医療における色補正の重要性

ほとんどのマシンビジョン用途はモノクロ画像で十分ですが、医療・ライフサイエンス用途では、デジタル画像の色忠実性が重要になります。

特に顕微鏡観察、皮膚科、眼科では、診断の際にデジタル画像が活用されており、対象部位の疾患の有無を判断するための材料として色情報が重視されています。

Vision Campusの記事では、色忠実性の重要性やカメラの色補正を行う際に考慮すべきポイントについて、実例を交えながら解説しています。

このほか、Vision Campusでは、医療におけるカメラのさまざまな活用方法 が学べる仮想のBaslerメディカルセンター、重要なメリットについて詳しく解説する付属のビデオラボラトリーオートメーションに貢献するカメラ のご紹介など、医療・ライフサイエンス用途のビジョン技術に関するさまざまな注目情報を掲載しています。ぜひご覧ください。

RSSフィード

RSSフィード

BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届けいたします。