お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2019/11/11

カメラ搭載ロボットの導入をサポートするdrag&bot

ビジョン機器を搭載したロボットのプログラミングは、メーカーによって異なるロボットプログラミング言語に関する知識が必要であるなど、多くの中小企業にとって非常に難しい作業でした。

そこで登場したのが、産業用ロボットのプログラミングを簡易化するために開発されたdrag&botです。ビジュアルプログラミングを採用しているこのソフトウェアを使用すれば、たとえ専門知識がなくても、機能ブロックをドラッグ&ドロップで選択、結合するだけで、移動やピックアンドプレースといった動作をロボットに指示することができます。

また、drag&botにはBaslerのLinux用pylon Camera Software Suiteが組み込まれており、Basler 2Dカメラのセットアップやキャリブレーションがわずか数クリックで済みます。ロボットに取り付けられたカメラは、drag&botを介して制御できるようになっており、部品の位置特定を含め、さまざまな画像処理への活用が期待されています。

drag&botの詳細については、当社ホームページ からご覧いただけます。このほか、ロボットオペレーティングシステム(ROS)上でBasler 2Dカメラを運用するために必要なROS用pylonカメラドライバーも更新されています。ぜひGitHubからダウンロードしてください。