お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ビジョンシステムを構築する
2021/05/18

Vision Campus:カラーキャリブレーター-ワンクリックでカメラの色設定を最適化

Vision Campus:カラーキャリブレーター-ワンクリックでカメラの色設定を最適化

医療現場の検査や撮影では、室内環境や照明条件、機材が変わることもあれば、過去と現在の画像を比較することもあります。そのようななか、可能な限り日光下の色合いを再現するには、カメラとモニターの色忠実性を確保することが重要です。

多くのカラーカメラには、日光、LED、タングステンをはじめとする一般的な照明条件に対応したカラープリセット(光源プリセット)が搭載されています。ビデオ監視などの簡単な撮影ならプリセットのみで十分に対応できますが、要件の厳しい用途では、色の不具合を防止するため、状況に応じて色設定を適切に調整しなければなりません。

Vision Campusのビデオでは、カメラの色設定を自動的かつ瞬時に最適化できるカラーキャリブレーター機能を使用し、撮影画像の色合いを均一化する方法について解説しています。ぜひご覧ください。

ビデオを見る

RSSフィード

RSSフィード

BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届けいたします。