お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2020/08/18

Vision Campusの記事:高度な前処理による画像データの最適化

Vision Campusの記事:高度な前処理による画像データの最適化

FPGA画像処理開発環境VisualAppletsを使用して画像の前処理・全般処理にかかわる機能を実装し、フレームグラバーのFPGA上またはカメラ、ビジョンセンサーをはじめとするビジョンハードウェア上で各種処理を行えば、リアルタイムな撮影が可能なエンベデッドシステムを構築できます。

特にフレームグラバーには、デベイヤリング、ルックアップテーブル(LUT)、ミラーリングなどの機能が搭載された標準的なモデル以外にも、個別の要件に応じて柔軟な活用が可能なプログラマブルフレームグラバーがあり、幅広い前処理をサポートしてくれます。

また、いずれの場合でも、高度なアルゴリズムの処理速度の向上、撮影工程の改善、高解像度・高速転送による画像解析の精度・安定性の確保、カメラの帯域幅の有効利用によるホスト側CPU・解析ソフトウェアの負荷軽減を含め、多くのメリットが期待できます。

詳しくはVision Campusの記事をご覧ください。

Vision Campusの記事を今すぐ読む

RSSフィード

RSSフィード

BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届けいたします。