お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2020/05/19

macOS用pylon(バージョン6.1.2)がリリース

macOS用pylon(バージョン6.1.2)がリリース

macOS用pylon(バージョン6.1.2)の主な新機能

GenTL対応

GenTL Producerを使用することにより、Basler GigE対応カメラ・USB 3.0対応カメラの設定、コンプレッションビヨンドで圧縮した画像データの解凍が可能。macOS上でGenTL 1.5規格のメリットを十分に活用できます。

進化したAPI

プログラミングインターフェースの簡易化、APIマニュアルの充実、プログラミングサンプルの追加により、Baslerカメラのセットアップにかかる労力をさらに軽減。専門知識のない方でもシステムをスムーズに構築できるため、開発効率や安定性の向上が期待できます。

pylonビューワーに新機能を追加

画面全般の調整、pylonビューワーの操作性向上に加え、macOSに対応していなかった以下の機能が追加されています。

  • レンズのピントを素早く簡単に合わせることが可能な「シャープネスインジケーター」
  • トリガーケーブルなしでGigE対応カメラの同時トリガーを簡単に設定できる「アクションコマンド」
  • 自動補正により口径食を防止し、レンズコストの削減に貢献する「ビネッティングコレクション」(ace Uとace Lの一部モデルのみ対応)

pylonの新機能の概要は、pylonリリースノート にてご確認いただけます。

pylonを今すぐダウンロード

ご不明点がある場合や詳細な情報をご希望の場合は、Baslerサポートチームまでお気軽にお問い合わせ ください。