お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2021/01/06

マルチカメラシステム向けインターフェース&PCカードの比較

マルチカメラシステム向けインターフェース&PCカードの比較

カメラとコンピューターを接続し、画像データの取得・転送を行うPCカード。これをマルチカメラシステムに使用する場合、システム構造、汎用性、転送速度、ケーブル長、将来的な設備拡張などを考慮すると、GigE対応のものが最適であるといえます。

しかし、一般的なコンピューターにはGigEポートが1つしかないことが多く、すでにほかの機器の制御に使用されている可能性もあるため、適切なポート数を有しているか、またマシンビジョンカメラの場合は、ポートの帯域幅を確認することも重要です。スイッチなどの分配器を使用し、コンピューターのポートに複数のカメラを接続できたとしても、帯域幅が足りなければ意味がありません。その点、1ポート当たりの帯域幅が広いPCカードなら、安定したデータ転送を実現できます。

マシンビジョンの世界では、ポート数1、2、4の1GigEインターフェースカードが一般的に使用されていますが、ケーブル1本でデータ転送と電源供給を同時に行うPower over Ethernet(PoE)に対応したインターフェースカードや、広い帯域幅を誇る10GigEインターフェースカードなども選択肢として考えられます。

詳しくはホワイトペーパーをご覧ください。

RSSフィード

RSSフィード

BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届けいたします。