お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2020/09/01

量産開始:Basler 3Dカメラblaze

量産開始:Basler 3Dカメラblaze

Time-of-Flight(ToF)方式の3Dカメラとして新たにリリースされたBasler blazeは、ソニー社製距離画像センサーDepthSense™(IMX556)と高効率レーザーダイオードのVCSELを搭載することにより、mm単位の測距精度とVGA解像度を実現。最大10mの範囲にある物体の検知、位置特定、測定が可能です。IP67対応の防水・防塵性を有する筐体は、衝撃や直射日光にも強い構造。レンズや赤外線照明を内蔵した一体型の設計を採用していることも大きな特長で、スマートファクトリー、無人搬送車、可動型ロボット、物体認識、物流、さらには医療における患者のポジショニングを含め、幅広い用途に低コストで導入できます。

撮影時のフレームレートは30fpsで、距離、輝度、信頼性マップを内包した3Dポイントクラウドと2Dモノクロ画像を生成します。しかも、GigE対応カメラを素早く簡単に設定できるGenICam対応のSDKもご提供。共通のプログラミングインターフェースと豊富なサンプルプログラムにより、複数のカメラで撮影を行う場合やサードパーティ製のソフトウェアプラットフォーム、ライブラリーを使用する場合を含め、スムーズなセットアップが可能です。

Basler blazeの詳細や用途については、こちら からご確認いただけます。

ウェビナー「高精度3D撮影を実現するToF方式」

インダストリー4.0や自動化の推進に伴い、高性能な3Dカメラに対するニーズがますます高まっています。このウェビナーでは、リアルタイムかつ高精度な3D測定で各種産業の生産性を飛躍的に向上させる撮影方式として注目されているTime-of-Flight(ToF)についてご紹介します。ToF方式の仕組みから他の3D技術との違い、ビジョンシステムへの導入方法、撮影時の注意点まで、活用事例やデモンストレーションを交えながら詳しく解説します。

※本ウェビナーは英語での開催となります。

無料お申し込みはこちら

このほか、ご不明点がございましたら、Basler営業チームまでお気軽にお問い合わせ ください。

RSSフィード

RSSフィード

BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届けいたします。