お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2019/11/26

NXPセミコンダクター社製プロセッサーi.MX 8シリーズ対応の新型開発キット

NXPセミコンダクター社製プロセッサーi.MX 8シリーズ対応の新型開発キット

Baslerでは、NXPセミコンダクターズ社製プロセッサーi.MX 8シリーズに対応した開発キットを新たに発表しました。i.MX 8シリーズは、供給期間、耐久性、拡張性、電力消費の各方面で高い水準を達成しているプロセッサーとして、エンベデッドビジョンシステムに最適です。新登場の開発キットは、congatec社、eInfochips社、SolidRun社、トラデックス社、Variscite社をはじめとする大手System on Module(SoM)メーカーとBaslerが共同設計したもので、ご要望に応じて最適なエンベデッドビジョンシステムを構築することが可能です。もちろん、セットアップも非常に簡単。各SoMメーカーのシステムウェアにカメラドライバーがあらかじめ組み込まれているため、面倒なプログラミング作業が必要なく、キット一つでエンベデッドビジョンシステムの開発をすぐに開始できます。

第一弾の2種類のキットには、Basler dart MIPI対応BCON搭載モデル(13MP)のほか、プロセッサーとしてi.MX 8Mまたはi.MX 8M Mini がセットになっています。その他のキットについては、2020年初めごろにリリースされる予定です。ラインナップの拡充が進めば、さまざまなプロセッサー、SoM、センサーを組み合わせることにより、プロセッサーの性能やインターフェースの種類にかかわらず、エンベデッドビジョンを自由にカスタマイズできるようになります。

Baslerでプロダクトマーケットマネジメント部長を務めるGerrit Fischerは、喜びを込めて次のようにコメントしています。「Baslerと業界をリードする多くのSoMメーカーとの緊密な連携により完成した今回の開発キットは、エンベデッドビジョンの世界に新たなエコシステムを構築する製品として期待されています。各キットには互換性のあるハードウェアとソフトウェアがセットになっているため、専門知識がないお客様でもエンベデッドビジョンシステムを簡単に導入できます」

エンベデッドビジョンシステムに関するソリューションや製品 についてご不明点がございましたら、Basler営業チーム までお気軽にお問い合わせください。