お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2020/11/23

複数のカメラを運用できるBaslerの新型GigE Visionインターフェースカード

複数のカメラを運用できるBaslerの新型GigE Visionインターフェースカード

1GigE、1GigE(PoE)、10GigEに対応したBaslerの新型インターフェースカードは、自由に組み合わせることにより、帯域幅を最大限に活用しながら、複数のカメラをホストコンピューターにスムーズに接続できます。

しかも、一般的な運用環境やOSの更新に対応できるよう、ライフサイクル全体にわたって徹底した試験も実施。自社ブランドのインターフェースカードとして、高い安定性と品質を実現しています。

1GigEインターフェースカード(スタンダード/プレミアム)

機能によってスタンダートとプレミアムの2種類の製品ラインに分かれている1GigEインターフェースカード。そのうち、スタンダードライン(ポート数1、2、4)は画像の取得に特化しています。

一方、要件の厳しい用途向けに開発されたプレミアムライン(ポート数1、2、4)はPoEにも対応。ケーブル1本でデータ転送と電源供給を行うことでシステムのムダを省き、最高のコストパフォーマンスを実現できます。

10GigEインターフェースカード

10GigEインターフェースカード(ポート数1)は、ネットワーク内にスイッチを追加することにより、1GigEはもちろん、さらに高速なインターフェースに対応したカメラを自由に組み合わせて接続できます。

GigE、USB 3.0、CoaXPress 2.0に対応したBaslerインターフェースカードの製品一覧については、こちら からご確認いただけます。

高い柔軟性で複数のカメラの運用をサポートするBaslerのGigEインターフェースカード。ぜひ豊富なラインナップの中から最適なモデルをお選びください。

詳細はこちら

RSSフィード

RSSフィード

BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届けいたします。