お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2020/03/09

ビジョンシステムにおけるディープラーニングの活用方法

ビジョンシステムにおけるディープラーニングの活用方法

X線検査、超音波検査、CT検査、MRI検査を含め、医療現場の画像検査で大きな威力を発揮しているディープラーニング。このような自動診断技術は、患者と医師にとっても多くのメリットがあり、検査精度の向上や診断の改善だけでなく、一人ひとりに合った治療方法の提案にもつながっています。

人工ニューラルネットワークは、その多くがビジョンシステムに導入されています。このホワイトペーパーでは、BaslerのプロダクトマネージャーであるPeter Behringerより、基本的な画像処理工程についてご紹介するとともに、3種類のディープラーニング用ビジョンシステム(エンベデッドシステム、コンピューターシステム、FPGAボード搭載システム)に対する比較も行っています。

このほか、ホワイトペーパー「人工知能を活用した画像処理:ディープラーニングと従来の手法の比較 」においても、ディープラーニングによる画像処理についてご覧いただけます。

ホワイトペーパーをダウンロードする

ディープラーニングに関してご不明点がございましたら、Basler営業チーム までお気軽にお問い合わせください。

RSSフィード

RSSフィード

BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届けいたします。