お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2020/08/11

高い柔軟性を誇るCoaXPress 2.0対応3D AOI装置

高い柔軟性を誇るCoaXPress 2.0対応3D AOI装置

プリント基板の品質管理の一環として、多くの製造現場で採用されている外観検査。これにCoaXPress 2.0(CXP-12)対応の3D AOI装置を導入すれば、さまざまな検査を行うことができます。しかも、撮影方向の調整やカメラ、照明、フレームグラバーなどの機器の交換も自由自在。その高い柔軟性により、幅広い製造要件を満たします。3D AOI装置の構成内容としては、CXP-12対応のメインカメラ(モノクロまたはカラー)1台、レーザープロジェクター、フレームグラバー(またはインターフェースカード)、サブカメラ4台が考えられます。

メインカメラから転送されたデータを処理する際には、FPGA搭載のCXP-12インターフェースカードやプログラマブルフレームグラバー(1~4チャネル)が必要になりますが、Baslerではこれらの機器とカメラがセットになったboostパッケージもご用意しています。

3D AOI装置のインターフェースを従来のCamera LinkやCoaXPress 1.1.1から最新のCXP-12へ移行すれば、プリント基板の外観検査・はんだ印刷検査において、高精細3D画像(カラーまたはモノクロ)の高速撮影が可能になり、しかも大きな労力やコストもかかりません。その詳細について、活用事例をぜひご覧ください。

活用事例を読む

RSSフィード

RSSフィード

BaslerニュースRSSフィードの購読や最新のニュースを直接お届けいたします。