お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2019/08/28

新登場のCoaXPress 2.0評価キット

新登場のCoaXPress 2.0評価キット

新規格のCoaXPress 2.0(CXP-12)と最新のCMOSセンサーを採用し、特別開発の専用インターフェースカードによるスムーズな運用が可能なboost 。高い解像度と転送速度を誇るこの新型カメラシリーズのデザイン・インサンプルとCXP-12スターターキットがセットになったCoaXPress 2.0評価キットが新たに登場しました。ソニー社製IMX253(12MP・68fps)またはIMX255(9MP・93fps)の2種類のセンサーをお選びいただけるboostは、優れた画質を誇るだけでなく、80mm×80mm×45mmのコンパクトな筐体にデジタル入力とGPIOポートを備え、最大ケーブル長40mに対応しています。

さらに、2019年7月発表の新規格CoaXPress 2.0に準拠しているため、CXP-12ケーブル1本で最大12.5Gbpsの高速データ転送とPower-over-CXP(PoCXP)による電源供給を同時に行い、コストを削減することが可能です。また、PGI をはじめとするBaslerならではの便利な機能を搭載し、カメラの内部で直接画像を補正できることもboostの大きな特長です。

一方、CXP-12スターターキットには、CXP-12データケーブルのほか、ビジョンシステムの熱放散に必要なヒートシンク(×2)、Cマウントレンズ用のアダプター、カメラへの電源供給と外部トリガーを行う電源I/Oケーブルがセットになっています。カメラに合うレンズをお探しの場合は、Baslerの豊富なレンズラインナップ がおすすめです。

boostとCXP-12インターフェースカードの運用に必要なものがすべて揃うCoaXPress 2.0評価キットなら、pylon SDKの専用ドライバー1つでカメラとインターフェースカードをセットアップし、評価作業を効率化することができます。評価キットの使用方法については、ビデオチュートリアル をご覧ください。

このほか、より詳しい情報をご希望の方向けに、CoaXPress 2.0と他のさまざまな画像処理インターフェースの仕様、コスト、市場動向を比較したインフォグラフィック もご用意しています。

ご不明点がございましたら、Basler営業チーム までお気軽にお問い合わせください。