お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2020/06/04

Camera LinkからCoaXPress 2.0への移行 - システムの性能向上とコスト削減

Camera LinkからCoaXPress 2.0への移行 - システムの性能向上とコスト削減

フレームグラバーやインターフェースカードを必要とする用途を中心に、産業用画像処理に広く採用されているCamera LinkとCoaXPress。この2種類のインターフェースは技術的によく似ていますが、CoaXPress 2.0(CXP 2.0)の登場に伴い、Camera Linkからの移行を検討する企業が増えています。ケーブル長、転送速度を含め、CXP 2.0にはCamera Linkを上回る多くのメリットがあるほか、今後高度化が予想されるさまざまな撮影要件にも対応できます。

このホワイトペーパーでは、Camera LinkからCXP 2.0へ移行する際に考慮すべきポイントについて詳しく解説しています。

ホワイトペーパーをダウンロードする

CoaXPress 2.0の詳細については、Vision Campusの記事「CoaXPressとは? 」やホワイトペーパー「高度な産業用画像処理に最適なCoaXPress 2.0 」の中でもご紹介しています。ご不明点がございましたら、Basler営業チームまでお気軽にお問い合わせ ください。