お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
2020/07/06

3Dカメラとディープラーニングソフトウェアの活用による果物の自動識別

3Dカメラとディープラーニングソフトウェアの活用による果物の自動識別

BaslerとData Spree社(ドイツ・ベルリン)が共同でビジョンシステムを開発。Basler Time-of-FlightカメラblazeとData Spree社製ディープラーニングソフトウェアを活用することにより、果物の素早く正確な自動識別に成功しました。

3Dカメラとディープラーニングを融合させるメリットについて、活用事例をぜひご覧ください。

活用事例をダウンロードする

3Dカメラ についてご不明点がございましたら、Basler営業チームまでお気軽にお問い合わせ ください。