Cameras in Mashine Vision

産業用画像処理に使用されるカメラ

製造工程の最適化や自動モニタリングを行う際の重要ツールとして利用されている産業用画像処理(マシンビジョン)。そこで使用されている産業用「マシンビジョン」カメラは、これらの作業の中で大きな役割を果たしています。
重要な情報の収集、保存、アーカイブなどの作業を産業用カメラで行うことにより、ユーザーやソフトウェアはこれらの撮影データなしでは不可能であった決定ができるようになりました。

産業用カメラのサポートの下、マシンビジョンシステムはそれぞれの特性に応じて製品の測定・計数、重量・容量の計算、製品検査などを高速で行うことができます。さらに、膨大な量のデータの中から限られた重要な情報を自動的に抽出するほか、画像のフィルタリングや最適化、補足、そして迅速な画像検索を可能にすることで、専門家による画像の分析もサポートします。システムは休むことなく、中立的に一貫して機能します。
これらのマシンビジョンシステムは、製造、医薬、交通監視、セキュリティシステムなど、幅広い用途で使用されています。
マシンビジョンシステムは
産業用画像処理の一連の作業の中で、産業用カメラは重要な役割を担っており、特殊なプロトコルを使用してコンピューターと通信することで、画像データの処理やカメラの設定変更を行います。

産業用画像処理に使用されるカメラの要件は用途によって様々ですが、一般的なデジタルカメラとは大きく異なります。例えば、主な要件として、ノイズレベルやリフレッシュレート、感度、ダイナミックレンジ、露光方法、解像度などがあります。カメラの性能を最大限まで発揮するには、適切な構成機器を使用する必要があり、レンズやデータ転送に使用するインターフェースも重要になります。

画像処理の仕組みの詳細については、当社のホワイトペーパー「画像処理システムの基礎」をご覧ください。
 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。