インダストリー4.0
における画像処理の役割とは?

インダストリー4.0における産業用カメラの役割に関するホワイトペーパー

このホワイトペーパーでは、画像処理と産業用カメラが未来の製造工程を現実のものにする仕組みについてご紹介しています。
産業用カメラを搭載した画像処理システムは、自動化生産においてすでに重要な構成機器となっています。技術が絶えず進歩していく中で、生産性の高い次世代の作業工程と体系的な工業生産を目指す「インダストリー4.0」という言葉が新たに誕生しました。インダストリー4.0では、ネットワークを通じてデータをやり取りしており、そこで求められる情報を取得するためには、画像の記録や処理が大きなポイントとなります。

当社のホワイトペーパーでは、以下の内容について解説しています。

  • マシンビジョンシステムがインダストリー4.0における生産性を向上させる仕組み(アパレル業界を例に解説)
  • マシンビジョンが切り拓く小ロット生産の可能性
  • 休むことなく検査を行うカメラの仕組み
  • インダストリー4.0における画像処理の役割

ホワイトペーパーを
ダウンロードする

 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。