カメラをリアルタイムに同期:
複数のカメラを使用する
用途における
GigEネットワークの活用

複数のカメラを使用する用途に関するホワイトペーパー

複数のカメラを使用する用途において、別途ケーブルを追加することなく、すべてのカメラで同時撮影を行うには一体どうしたらよいでしょうか?当社のホワイトペーパーではその方法についてご説明しています。
複数のカメラで同時撮影を行う場合、ゴールの瞬間の異なる角度からの撮影や複数のカメラを使用したベルトコンベアー上の製品の検査、ロボット工学、三角測量を使用した3次元測定など、リアルタイムな動作が求められることが多々あります。

当社のホワイトペーパーでは、GigE Vision 2.0を活用することにより、複数のカメラを使用する用途において、トリガーケーブルなしで同時撮影を行う方法ついてご説明しています。

ホワイトペーパーの中で詳細に解説している内容

  • イーサネット(動作コマンド)を通じた複数のカメラに対する撮影トリガー
  • 複数のカメラを同期しながらのフリーラン撮影(同期型フリーラン撮影)
  • 接続されている機器、カメラ、コンピューターを同期する仕組み(Precision Time Protocol)
  • リアルタイム性の限界

無料のホワイトペーパーをダウンロードする

 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。