basler dart-camera in production

CCDカメラからCMOSカメラへの移行

ソニー社が、CCDセンサー工場の閉鎖を発表しました。このため、CCDカメラのユーザーはCMOS技術への移行や、現行のCCDカメラモデルがいつまで使えるかといったことを考えなければならなくなりました。

BaslerはCMOS技術への移行に驚いておりません。以前から準備を進め、幅広いCMOS製品ポートフォリオをご用意しています。

ソニー社は、Baslerのカメラ製品に搭載されているCCDセンサーの最終納品を2026年末に予定しています。Baslerでは、CCDセンサーを搭載した現行のBasler製品からCMOSセンサーベースのBasler製品へのスムーズな移行が確実に行えるよう、努めてまいります。

この移行と、CCDセンサーベースのaceカメラの後継機に関するご質問への回答を一覧にまとめました。

CCDの製造が中止されます。今後、どのようなことが起こるでしょうか。

ソニー社によるCCD製造中止の発表がもたらす影響と取るべき対応について、スティーブがお答えします。

よくある質問(FAQ)

CCDからCMOSへの移行はいつ開始すべきですか。

基本的には、いつ開始してもかまいません。早めに移行すれば、パフォーマンス向上やカメラにかかる費用の削減といったメリットが得られます。この点においては、早期に変更する方が合理的です。ただ、CCDベースのカメラを使用しているからといって今すぐ切り替えなければいけないというわけでもありません。まだしばらくCCDの供給は続くからです。まずは、2つのオプションのどちらが有利か緻密に検討することをお勧めします。

移行にあたり、どのようなことを考慮すべきですか。

考慮すべきことは、さほど多くありません。最適なCMOSセンサー搭載のカメラを見つけることは非常に容易です。移行をより簡単にしたい場合、お使いのCCDカメラと同じ光学形式のCMOSセンサーを選択してください。システム設計の調整が最低限で済みます。また、Gigabit Ethernetなどの標準的インターフェースの使用も、移行の簡素化に役立ちます。Baslerでは、最新のCMOSセンサー搭載のaceモデル(29 mm x 29 mmハウジング)を多数用意し、既存のカメラ設計のほとんどに適応できるようにしています。スペースの制約が極めて重要な要素となるアナログ方式のFireWireカメラからの置き換えにおいても、パフォーマンスの向上も見込めます。

最新のCMOSベースカメラを導入する上で、重要な点は何ですか。

CCDセンサーの代わりにCMOSカメラを搭載するのは、思っているより簡単です。標準に準拠したハードウェアやソフトウェアを選択すればなおさらです。画質の最適化を含めた全体的なセンサーの調整はすべてカメラメーカーが担当するため、適切なCMOSカメラを選択する際にユーザーがすべき作業は以下の4点のみです。

  • カメラに求める解像度を決定する: 必要な解像度は、画像をどこまで細かく描出したいかによって異なります。
  • 必要なカメラインターフェースを明確にする: 選択すべきインターフェースは、必要なケーブル長、帯域幅、求められるフレームレートおよびリアルタイム機能、PCハードウェアの可用性によって異なります。当社のインターフェースアドバイザー が、用途に最適なインターフェース探しのお手伝いをします。
  • レンズと照明を選択する: センサーフォーマットを変更すると、レンズを変える必要もでてきます。当社のレンズセレクターを使えば、新しいレンズ探しも簡単です。照明は、新旧のセンサーで感度が異なる場合のみ調整する必要があります。
  • ソフトウェアやカメラ制御に関する統合作業: GenICamなどの一般的な規格、あるいはUSB3 VisionやGigE Visionなどの標準インターフェースに準拠しているカメラであれば、搭載が簡単です。

Baslerが後継機種として用意しているCMOSを教えてください

Baslerは、CMOSセンサーテクノロジーへと移行する業界の傾向を早くから予測し、様々なメーカーのセンサーを搭載したCMOSカメラで製品ポートフォリオを充実させてきました。最近では、ソニー社製のIMX174 CMOSセンサーを搭載したace GigEモデルとace USB 3.0モデルを、それぞれ2機種ずつ追加。2.3 MPの解像度、GigEで50フレーム/秒、USB 3.0で155フレーム/秒のフレームレートを誇るこの優秀なセンサーは、交通関連、顕微鏡検査、医療など要求水準が高い用途にも推奨できる製品です。

さらに、オン・セミコンダクター社製のPYTHONシリーズCMOSセンサーを搭載したaceモデルも複数登場。最高800フレーム/秒のフレームレートで、優れた高画質画像を実現してくれます。

さらに、オン・セミコンダクター社製のPYTHONシリーズCMOSセンサーを搭載したaceモデルも複数登場。最高800フレーム/秒のフレームレートで、優れた高画質画像を実現してくれます。

様々なBasler CCDカメラのCMOS搭載後継機を網羅した総合的概要は、下記をご覧ください。

後継機種として使用できるカメラの概要

お使いのCCDカメラのCMOS後継機をお探しの際は、次の表をご利用ください。CCDセンサーの置き換えに最適なCMOSセンサーと、それに対応するカメラモデルをご確認いただけます。
ご不明な点がある場合は、以下のフォームでお問い合わせいただくか、当社の営業チームまで直接お問い合わせください。
*
*
*
*
*

お問い合わせ先

Basler AG, ドイツ、本社
Tel. +49 4102 4630
Basler所在地
 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。