PGI紹介ビデオ

このビデオでは、カメラ内蔵型画像補正機能PGIが画質を向上させる仕組みについて、比較画像を使用してご紹介しています。

今すぐビデオを見る

Baslerカメラに独自の機能がセットになって新登場:PGI

最新のカメラモデルに強力なカメラ内蔵型画像補正機能を搭載。Basler独自の機能であるセットPGIは、カラーアンチエイリアシング、5×5デベイヤリング、ノイズ除去、シャープネスの向上の各機能で特別に構成されています。

PGIを使用することで、CPUに追加の負担をかけることなく、かつてない画質を実現できます。PGI機能セットは、dartおよびpulseのカラーモデルで使用可能なほか、ソニー社製センサーPregiusシリーズやオン・セミコンダクター社製センサーPYTHONシリーズを搭載したaceの全カラーモデルにも内蔵されています。

また、pylon Camera Software Suiteの力を最大限に活用することで、最適な画質を確保できるまでPGIの設定やPGIの個別機能の設定変更を行うことができます。

以下のカメラモデルには、PGI機能セットが内蔵されています。


PGIの詳細

様々な機能がセットになったPGI。その個別の機能について、以下でご紹介いたします。

5×5デベイヤリング

デベイヤリングとは、一般的にイメージセンサーのデータからカラー画像を生成するアルゴリズムのことを指します。しかし、イメージセンサーでは各ピクセルの色にそれぞれ対応するカラー値を出力出来ないため、このアルゴリズムで色補間を行うことにより情報を特定する必要があります。一般的なカメラは2×2デベイヤリングを採用しており、隣り合う2つのピクセルを使用することで、画像の実際の色を識別しますが、色の境界があいまいになったり、他の不具合が生じたりする場合があります。PGIで使用されている5×5デベイヤリングでは、色と色をより明確に区別し、これらの不具合を解消します。
このほか、この最適化されたデベイヤリングはノイズの低減にもつながります。

PGIの詳細については、当社のホワイトペーパーをご覧ください。

カラーアンチエイリアシング

ベイヤーパターンの撮像素子を利用して画像の取得をする際に、デベイヤリングアルゴリズムを使用することでカラーディストーションが生じ、偽色の発生につながる場合があります。このように一般的な利用用途では解像度に制限があることから、デベイヤリングを使用しているカラーカメラでは特定の条件下に於いて固有の色しか捉えることができず、結果として誤った色補間値を算出することがあります。PGIはデベイヤリングの際により多くの情報を使用することで、色の誤りも同時に修正します。

ノイズ除去

ノイズはすべてのカメラで見られる現象で、その発生原因には様々なものがあります(フォトンショットノイズ、センサーノイズなど)。カラーカメラは粒子ノイズだけでなく、画像生成処理時や色補間によって発生、増幅されるカラーノイズにも対処する必要があります。PGIではこの種のノイズを事前に考慮し、信号処理作業を慎重に組み合わせ、並列化することでその発生を防止しています。このほか、アクティブノイズフィルターを使用してさらにノイズレベルを低減することで、画質をさらに向上させることができます。

シャープネスの向上

カラーカメラでは、細かい部分の描写に問題が見られることがよくあり、撮影した画像に滲みが生じたり、画像が不鮮明になったりすることがあります。 これは、ベイヤーパターンを形成するカメラで使用しているデベイヤリングと呼ばれる色補間アルゴリズムによるものです。 この色補間アルゴリズムは画像を構築する際に使用されていることから、PGIでは補正処理パラメータを追加することで、大幅にシャープネスを向上させています。 これらの補正機能は、カラーカメラを使用して文字や数字(交通関連用途における自動ナンバープレート認識(ANPR)など)、その他の細かい部分(バーコード)を検出し、処理するような高いシャープネスを必要とする用途で特に威力を発揮します。

お問い合わせ

新登場のPGI機能に関してご不明点がある場合は、お気軽にお問い合わせください。ご連絡をお待ちしております。
*
*
*
*
*

ホワイトペーパー:PGI

PGI White Paper
さらなる高画質を実現するBasler PGI

サポートはお任せください

Baslerの製品に関するご質問がありましたら。
お気軽にお問い合わせください。
 
次に訪問したときにデータを再び記入する必要なくファイルをダウンロードするには、cookiesをアクティブにしてください。